元F1ドライバーのダニール・クビアト、2022年はドラゴンからフォーミュラEに参戦?
元F1ドライバーのダニール・クビアトは、2022年にドラゴンペンスキーのフォーミュラEの席を確保するとみられているが、11月初旬まで契約が成立しない可能性があると The Race が報じた。

現在アルピーヌF1チームと開発兼リザーブドライバーとして契約しているダニール・クビアトは、2020年シーズンの終わり以来レースをしていない。The Race は、ニコラス・トッドが運営するオールロード・マネジメントが管理するダニール・クビアトの代理人が、ここ数週間、ドラゴンの上級代表と会談したことを明らかにした。

ドラゴンペンスキーは、セルジオ・セッテ・カマラのチームメイトを確保しようとしており、交渉は今月も続くと予想されている。セルジオ・セッテ・カマラは、2022年の契約をすでに結んでいると考えられている。チームは昨シーズンのほとんどの間、セルジオ・セッテ・カマラのチームメイトとして、ニコ・ミュラーを走らせたが、彼はチームを離脱し、ジョエル・エリクソンが後任を務めていた。

5月のモナコE-Prixに参加したダニール・クビアトは、オリバー・ローランドがマヒンドラに移籍した後、今シーズン初めに日産のe.damsにリンクされていた。

しかし、ニコラス・トッドはダニール・クビアトの将来を決定する前にF1ドライバー市場が終わる今年の後半まで待ちたかったと考えられている。

11月のプレシーズンテストとなるバレンシアテストの前に開発テストの機会がないため、ドライバーのラインナップの確定を急いでいないドラゴンにとって適している。

ダニール・クビアトは、2022年は定期的にレースをすることに熱心であると理解されている。ロシアのメディアとの過去のインタビューで、クビアトは、世界耐久選手権(現在の雇用主であるアルピーヌ)、インディカー、フォーミュラEなどを将来の潜在的な選択肢として挙げており、主にオーバルのNASCARへの関心についても語っている。

ドラゴンはシーズンの終わりに向かけてアレックス・リンにアプローチしたと考えられている、マヒンドラのシート争いでオリバー・ローランドに敗れた後、間もなく発表されるメーカーのスポーツカー契約に集中するとされている。

理論的には、ドラゴンがドライバー指名の提出が締め切られるのは12月3日となる。これはバレンシアテスト後の金曜日だ。つまり、ドラゴンはスペインに3人以上のドライバーを配置し、後で決定する可能性がある。

いくつかのチームは以前に同様の戦略を採用しました。特に2016年にベンチュリーが、ジェームズ・ロシターとエドアルド・モルタラをバレンシアで事実上のシュートアウトを行い、2017年にはトム・ブロンクビストとアレクサンダー・シムズがアントニオ・フェリックス・ダ・コスタと並んで2番目のアンドレッティのシートで同様にシュートアウトした

ダニール・は、11月29日から12月1日にかけて行われるバレンシアテストではアルピーヌF1の業務からはフリーとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニール・クビアト / フォーミュラE / アルピーヌ