2021年09月のF1情報を一覧表示します。

F1ドライバーらが『007 / No Time To Die』のワールドプレミアに登場

2021年9月29日
F1ドライバーらが『007 / No Time To Die』のワールドプレミアに登場
007最新作『No Time To Die / ノー・タイム・トゥ・ダイ』のワールドプレミアがロンソンで行われ、F1界からも数名が参加した。

ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで007の25作品目にあたる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のワールドプレミアが開催され、多くのセレブとともにF1関係者もレッドカーペットに登場した。

ニキータ・マゼピン、来夏に兵役免除のための1カ月の軍事訓練合宿

2021年9月29日
ハースF1のニキータ・マゼピン、来夏に兵役免除のための1カ月の軍事訓練合宿
ハースF1のニキータ・マゼピンは、ロシアで必須の軍事訓練を完了することにコミットしていると語る。

今年6月、ハースのタイトルスポンサーであるウラリカリを経営する父親のドミトリー・マゼピンは、政府がニキータ・マゼピン(22歳)を軍事要件から免除すべきではないと主張していることに腹を立てていると報じられた。

F1、2022年はチーム選択の2回のFP1でルーキーの出走を義務化

2021年9月29日
F1、2022年はチーム選択の2回のFP1でルーキーの出走を義務化
F1は、2022年に競技規則を変更し、全F1チームが2つのグランプリで金曜日のプラクティス1回目にルーキードライバーを走らせることを義務化することで同意に至ったようだ。

2022年は完全に新しいF1マシンが導入されるが、プレシーズンテストは2回だけに制限されているため、若いドライバーにとっては従来のポストシーズンの“ヤングライバーテスト”以外に最新のF1マシンで走行時間を得る機会はほとんどない。

F1ベトナムGP:地元スポーツ施設がサーキット用地の返還の要求

2021年9月29日
F1ベトナムGP:地元スポーツ施設がサーキット用地の返還の要求
F1ベトナムGPの開催の見通しが立たないことを受け、ベトナムのハノイにあるMy Dinh Nation Sports Complexは、ハノイ・ストリート・サーキットが建設された土地を新たに開拓しようとしている。

F1は、2020年に初めてベトナムを訪れる準備ができており、レースは2019年に建設が開始された新設計のサーキットで開催される予定だった。

ホンダ、アキュラで復活の新型インテグラの新たなティザー画像を公開

2021年9月29日
ホンダ、アキュラで復活の新型インテグラの新たなティザー画像を公開
ホンダが海外で展開する高級ブランドであるアキュラは、2022年に復活するインテグラの新たなティザー画像を公開した。

986年3月27日にアキュラが発売されたときのラインナップの2つのモデルの1つであるインテグラは伝説的なネームプレートであり、2022年に新しいコンパクトプレミアム参入者としてパフォーマンスブランドの製品ポートフォリオに再び加わる。

F1、悪天候が予報されるグランプリの開始時間変更について議論

2021年9月29日
F1、悪天候が予報されるグランプリの開始時間変更について議論
F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、天気予報で悪天候が予想された場合、グランプリの開始時間を早める柔軟性があるかどうかをチャンピオンシップの利害関係者と話し合っていくと述べた。

F1が雨天にどのように対処するかは“non-race”となったF1ベルギーGP後に話題となった。スパ・フランコルシャンでは、レース前のすべてのセッションを完了することができたが、決勝は雨が弱まることがなく、レース自体はセーフティカーの後ろで2周の行列のみで終わった。

ウィリアムズF1 「アルボン加入はレッドブルとの関係の始まりではない」

2021年9月29日
ウィリアムズF1 「アルボン加入はレッドブルとの関係の始まりではない」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、2022年にアレクサンダー・アルボンが加入することが、必ずしもレッドブルとの強固なつながりが始まったわけではないと語る。

今月初めに、ウィリアムズF1は、メルセデスに移籍するジョージラッセルに代わって、2022年に現在のレッドブルF1のリザーブドライバーのアレクサンダー・アルボンと契約したと発表した。

アレックス・パロウ 「F1転向はチップ・ガナッシが参入した場合のみ」

2021年9月29日
アレックス・パロウ 「F1転向はチップ・ガナッシが参入した場合のみ」
アレックス・パロウは、F1に参戦するのはチップ・ガナッシがF1チームを始めた場合にだけだとし、世界的な名声よりも多くの勝利を望んでいると語る。

先週末、24歳のアレックス・パロウは、参戦2年目にしてインディカーのシリーズチャンピオンを獲得。インディカーでタイトルを獲得した最初のスペイン人となった。

メルセデスF1、信頼性の懸念浮上で残りのシーズンのエンジン計画を評価

2021年9月29日
メルセデスF1、信頼性の懸念浮上で残りのシーズンのエンジン計画を評価
メルセデスF1は、バルテリ・ボッタスのエンジンをF1ロシアGPで2戦連続で交換した後、残りのシーズンのエンジン計画をどのように進めていくべきかを評価していると認める。

モンツァで4基目のエンジンを投入していたバルテリ・ボッタスだが、続くF1ロシアGPではさらに5基目のパワーユニットが割り当てられ、2戦連続でグリッド降格ペナルティを受けた。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 69 | 70 | 71 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム