ウィリアムズF1 「アルボン加入はレッドブルとの関係の始まりではない」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、2022年にアレクサンダー・アルボンが加入することが、必ずしもレッドブルとの強固なつながりが始まったわけではないと語る。

今月初めに、ウィリアムズF1は、メルセデスに移籍するジョージラッセルに代わって、2022年に現在のレッドブルF1のリザーブドライバーのアレクサンダー・アルボンと契約したと発表した。

アレクサンダー・アルボンは、2019年と2020年にトロロッソとレッドブルでレースをしたが、セルジオ・ペレスにシートを明け渡した後、今年はレッドブルF1で開発兼リザーブドライバーの役割をこなしていた。

レッドブルは、ウィリアムズとアレクサンダー・アルボンの契約発表時、アレクサンダー・アルボンとの契約を解消したが、将来の協力するオプションとともに関係を維持していることを明らかにしている。

2022年、アレクサンダー・アルボンは、レッドブルのブランドでレースをする予定だが、ヨースト・カピトはそれはウィリアムズとレッドブルのチームとしての関係ではなく、レッドブル・タイがパーソナルスポンサーとして支援するにすぎないと説明した。

「私が言える唯一のことは、彼はレッドブルと契約のない公式のウィリアムズドライバーになるということだ」とヨースト・カピトは語った。

「彼は、彼のキャリアを通じて彼のパーソナルスポンサーであるレッドブルのタイ部門と契約を結んでいる。彼にはパーソナルスポンサーを持つ権利がある」

「したがって、彼はレッドブルを彼のパーソナルスポンサーとして維持する。だが、それはレッドブルとウィリアムズのつながりではない」

2022年からレッドブルは、ホンダのF1エンジン事業を引き継いでパワーユニットサプライヤーになり、将来的にウィリアムズとのパートナーシップの可能性を除外していない。現在、ウィリアムズはメルセデスと2025年までパワーユニット契約を結んでいる。

アレクサンダー・アルボンは今年のレッドブルで重要な役割を果たし、チームがF1で2013年以来となるタイトルを獲得するためにシミュレーターでの広範な作業でフルタイムのドライバーをサポートしている。

したがって、ヨースト・カピトは、アレクサンダー・アルボンはシーズンが終了するまでレッドブルで仕事をすることになるが、アブダビGP後にウィリアムズで仕事を始められることを望んでいると語る。

「彼はまだレッドブルで働いており、彼らのシミュレーターで彼らのために仕事をしている」とヨースト・カピトは語った。

「彼の契約は年末に終了するので、我々が話をするときはより個人的なことだ。我々はそれを非常に分離しているし、技術的なことではない。それは正しいことだ」

「最後のレースの後、彼らは通常それを変更する。もちろん契約が始めるのは1月からだ」

「だが、我々はレッドブルと話をして、我々に何ができるかを話そうと思っている。彼は最後のレースの後であなたのために働くのをやめるのか?とね。彼はたくさんのシムとレースの準備をしている」

「それらは最後のレースの後終わるかもしれない。そうすれば、我々と関わることができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / レッドブル / アレクサンダー・アルボン