F1、悪天候が予報されるグランプリの開始時間変更について議論
F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、天気予報で悪天候が予想された場合、グランプリの開始時間を早める柔軟性があるかどうかをチャンピオンシップの利害関係者と話し合っていくと述べた。

F1が雨天にどのように対処するかは“non-race”となったF1ベルギーGP後に話題となった。スパ・フランコルシャンでは、レース前のすべてのセッションを完了することができたが、決勝は雨が弱まることがなく、レース自体はセーフティカーの後ろで2周の行列のみで終わった。

先週の金曜日のソチでは、土曜日の大部分が集中豪雨になると予想され、FIA-3のレース1を金曜日の夜に繰り上げることが決定され、レッドブルがサポートするドライバーのデニス・ハウガーがタイトルを獲得した。

これが将来のF1レースで起こりうることなのか、それとも開始時間はテレビのスケジュールに依存しすぎているのかと質問されたマイケル・マシは「テレビのスケジュールにあまり依存していない…これから数週間で話し合っていかなければならないことだと思っている」と答えた。

「スパの後、我々は、FIA、F1、10チームの間で行う必要のある戦略的議論がたくさんあると述べた。それは戦略グループ会議での議論の1つになるだろう」

「これは単なる“抜き取る”シナリオではなく、3つのチャンピオンシップ(F1およびF2 / F3)間の2つの完全に別個のガバナンス構造について話している」。

商業的要因についてマイケル・マシは「商業的要因もあるが、商業的部分に到達する前のガバナンス構造にすぎな」と答えた。

「F1に関しては、これらの議論は積極的な問題として扱われるだろう。我々それを見て、どこにたどり着くかを見ていく」

土曜日には、予報された大雨がロシアに到着し、午前中に予定されていたF2/F3のレースとF1のフリー走行3回目はキャンセルとなったが、その後、雨は弱まり、F1の予選は予定通りに行われた、

F3を前倒しし、土曜日にそれぞれのセッションを迅速にキャンセルするという決定は、スパの困難による新しいより積極的なアプローチであるかと質問されたマイケル・マシは「いいや、そのようなことはない」と語った。

「土曜日を見てみよう。その日の早い時間を見れば、当時ここにいた人たちは、実際に問題なさそうに見えるウインドウがあるのを確認した。それが我々がF2マシンをピットレーンに持ってきた理由だ。明らかに雨は減少していた」

「そして、我々は原則として、常にこれらのタイプのシナリオでセッションごとに実行してきた。それが我々が行ったことだ。明らかに、制限要因があった」

「金曜日に移されたF3レースに関しては、明らかにコンディションは同じように見えた。おそらくそのシナリオで最も重要な要素は、それがチャンピオンシップの最終ラウンドであり、それをプログラムに適合させることができたということだった」

「したがって、これらすべての要素を考慮に入れる必要がある。だが、スパはまったく考慮されていなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA