ハースF1のニキータ・マゼピン、来夏に兵役免除のための1カ月の軍事訓練合宿
ハースF1のニキータ・マゼピンは、ロシアで必須の軍事訓練を完了することにコミットしていると語る。

今年6月、ハースのタイトルスポンサーであるウラリカリを経営する父親のドミトリー・マゼピンは、政府がニキータ・マゼピン(22歳)を軍事要件から免除すべきではないと主張していることに腹を立てていると報じられた。

ニキータ・マゼピンのサービスの一部には、モスクワ大学での勉強が含まれる。モスクワ大学のロゴはニキータ・マゼピンのレーシングスーツの前面に表示されている。

今週、ニキータ・マゼピンは、学士号を取得したことを明らかにした。

「今日、僕は修士号を取得するために大学で講義をしていた」とニキータ・マゼピンは Match TV に語った。

「F1ドライバーだということで、特別な評価を得たか? ノー。欠席や成績の悪さで何度か危なかった。でも、スポーツは永遠に続くわけではないので、勉強が大事だと心から信じている」

「30歳でF1ドライバーのキャリアがピークに達したとき、人生は始まったばかりだ。正直、僕にとって勉強することに全く疑問はなかった」

義務的な兵役に関しても継続しているとニキータ・マゼピンは語る。

「事態は悪くない」とニキータ・マゼピンは語った。「学年が再開されたばかりだ」

「僕は軍隊ではなく、今年を終えなければならない軍事部門にいる。バラシハのどこかで合宿があるので、夏を楽しみにしている。兵舎に1ヶ月住む必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース