2020年04月のF1情報を一覧表示します。

F1マシン列伝:ケータハム CT05 “醜悪なアリクイノーズと財政難”

2020年4月30日
F1マシン列伝:ケータハム CT05 “醜悪なアリクイノーズと財政難”
ケータハムの2014年F1マシン『CT05』は、1ポイントも獲得できなかったが、その醜悪な“アリクイノーズ”でF1に歴史を刻むことになった。

2010年にロータス・レーシングとして参戦したチームは、2011年にチーム・ロータスを名乗ったが、グループ・ロータスとの関係が悪化し、訴訟沙汰に巻き込まれ。その結果、2012年からはトニー・フェルナンデスが買収した自動車会社「ケータハム」の名称を使用し、「ケータハムF1チーム」として参戦する。

幻のF1マシン:ホンダ RA009 “レースで披露できなかったポテンシャル”

2020年4月30日
幻のF1マシン:ホンダ RA009 “レースで披露できなかったポテンシャル”
ホンダF1が第3期参戦にむけて開発していた『RA009』は、テスト走行で好タイムを記録していたものの、そのポテンシャルをレースで披露することはできなかった。

1998年、当時のホンダの社長だった川本信彦は“シャシー製造を含めたフルワークスによるF1参戦”を掲げ、イギリスにホンダ・レーシング・ディベロップメント (HRD) を設立し参戦準備を進めた。

マックス・フェルスタッペンは才能と英才教育の賜物

2020年4月30日
マックス・フェルスタッペンは才能と英才教育の賜物 / レッドブル・ホンダF1
マックス・フェルスタッペンは、才能と英才教育によって生まれたF1でも珍しい才能だとF1記者のマーク・ヒューズは語る。

2015年にトロロッソから史上最年少となる17歳でF1デビューを果たしたマックス・フェルスタッペンは、レッドブルに移籍した初レースとなる翌年の第5戦スペインGPで初優勝。22歳の現在、102戦をすでに経験し、8勝を挙げている。

ルイス・ハミルトンはレッドブル・ホンダF1を過小評価すべきではない

2020年4月30日
ルイス・ハミルトンはレッドブル・ホンダF1を過小評価すべきではない
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、F1が再開するときにはレッドブル・ホンダに多くの期待を寄せており、ルイス・ハミルトンは確実に7回目のF1タイトルを獲得できるとは限らないと語る。

ルイス・ハミルトンが、7回目のF1ワールドチャンピオンを獲得すれば、前人未踏と考えられていたミハエル・シューマッハの記録に並ぶことになる。しかし、弟のラルフ・シューマッハは、それが簡単に実現するとは考えていない。

F1日本GPの2020年の開催を疑問視する海外メディア

2020年4月30日
F1日本GPの2020年の開催を疑問視する海外メディア
F1日本のGPの2020年の開催について海外メディアは疑問の目を向けている。

10月11日とカレンダーの後半に位置していたF1日本GPは安全だと考えられていたが、日本の新型コロナウイルスの感染状況は改善しておらず、ここ数か月に予定されていたテストはほぼキャンセルされている。

FIA会長 「F1の最悪のシナリオは“スーパーF2”になること」

2020年4月30日
FIA会長 「F1の最悪のシナリオは“スーパーF2”になること」
FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長は、F1が新型コロナウイルス危機によってチームが失われた場合には抜本的な見直しを余儀なくされるだろうと語る。

F1のコスト削減の声高な支持者であるジャン・トッドは、2020年がレースが開催されない、または複数のチームが消滅してしまう“最悪のシナリオ”を迎えてしまった場合、どのような対応しなければならないかを語った。

ホンダF1 特集:物流担当が語るオーストラリアGP中止の舞台裏

2020年4月30日
ホンダF1 特集:物流担当が語るオーストラリアGP中止の舞台裏
ホンダF1の物流マネージャーを務めるグレアム・スミスが、開幕戦オーストラリラGPの延期決定によってどのような影響があったのかを語った。

本来であればいまごろF1シーズンはオーストラリア、バーレーン、ベトナム、中国の各GPを終えているタイミングだった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界中でロックダウン(外出禁止)を行う国が増え、F1チームやパワーユニットサプライヤーもシャットダウン(ファクトリー閉鎖)を実施することになった。

セバスチャン・ベッテルのマクラーレンF1移籍は現実的?

2020年4月30日
セバスチャン・ベッテルのマクラーレンF1移籍は現実的?
4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェラーリからの“不道徳”な契約オファーを断り、マクラーレンへの移籍を決断する可能性があると Sky Germany の解説者であるサシャ・ロースは主張する。

2015年からフェラーリのF1ドライバーを務めるセバスチャン・ベッテルは、チームにタイトルをもたらすことができず、今や若きシャルル・ルクレールがフェラーリの将来だと考えられている。

ハースF1のケビン・マグヌッセン 「シムレースには興味はない」

2020年4月30日
ハースF1のケビン・マグヌッセン 「シムレースには興味はない」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、他のF1ドライバーのように“バーチャル”に世界のレースドライバーになることに興味はないと語る。

ハースF1チームのF1ドライバーであるロマン・グロージャンやテストドライバーのピエトロ・フィッティパルディとルイ・デレトラズは皆、新型コロナウイルスのコックダウン中にホームシミュレーターでレースをしちえる。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 44 | 45 | 46 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム