FIA会長 「F1の最悪のシナリオは“スーパーF2”になること」
FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長は、F1が新型コロナウイルス危機によってチームが失われた場合には抜本的な見直しを余儀なくされるだろうと語る。

F1のコスト削減の声高な支持者であるジャン・トッドは、2020年がレースが開催されない、または複数のチームが消滅してしまう“最悪のシナリオ”を迎えてしまった場合、どのような対応しなければならないかを語った。

「そうなれば、我々は『F1の将来はどのように見えるべきか?』のような原則について商業権保有者に質問しなければならないだろう。最悪のシナリオでは我々が現在知っているようなF1はもはや不可能かもしれない」とジャン・トッドは Auto Motor und Sport にコメント。

「例外のない5000万ドルの予算制限になれば、跡形も残らないだろう。それは完全に新しいF1だ。スーパーF2だ」

2021年に導入予定の予算上限は、新型コロナウイルス危機をきっかけにF1チーム間で大きな争点となっている。当初は1億7500万ドルから1億4500万ドルへの引き下げが議論され、小規模チームの多くは現在の不確実性を利用して財政的な競争の場をさらに均衡化したいと考えている。

だが、マクラーレンは1億ドルへの削減を望んでおり、議論は平行線をたどっている。

ちなみにスーパーF2という例えについてジャン・トッドに何の意図もないとは思うが、日本の最高峰レースは、スーパーフォーミュラ、スーパーGTとどちらも“スーパー”がつけられてる・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA