マックス・フェルスタッペンは才能と英才教育の賜物 / レッドブル・ホンダF1
マックス・フェルスタッペンは、才能と英才教育によって生まれたF1でも珍しい才能だとF1記者のマーク・ヒューズは語る。

2015年にトロロッソから史上最年少となる17歳でF1デビューを果たしたマックス・フェルスタッペンは、レッドブルに移籍した初レースとなる翌年の第5戦スペインGPで初優勝。22歳の現在、102戦をすでに経験し、8勝を挙げている。

F1記者のマーク・ヒューズは、マックス・フェスタッペンが優れている理由として2つの決定的な要素を挙げた。

「マックス・フェルスタッペンは、才能と育成を組み合わせた究極の実験の結果だ。だからこそ、彼は自分自身からますます多くのものを得るように熱心に取り組んでいる」とマックス・フェルスタッペンは語る。

子の才能には父親で元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペンとカートレーサーだった母親のソフィー・マリー・クンペンによるところが大きい。また母方の祖父はGT耐久レースの元ドライバーで、叔父もGTレースやル・マン24時間レースに出場したレーシングドライバーという、レーシングドライバー一家で育ったマックス・フェルスタッペンは4歳の時にカートレースを開始している。

もちろん、レーシングドライバーになるためのトレーニングはヨス・フェルスタッペンによって行われた。

「同様のトレーニングを受けることができたドライバーは誰もいない。マクラーレンからガイダンスを受けたルイス・ハミルトンでさえね」

例えば、ヨス・フェルスタッペンは、息子をより完成された優れたドライバーにするために様々な教育を行った。

「彼らはただ勝つだけではなく、学び、ハンデの中で勝つことが重要だった。ヨスはかつて彼がカートのクラッチにオイルを供給することを拒否したと言っていた、それによってマックスはもっと努力することを余儀なくさせた。彼は前進するために戦わなければならなかった。そして、我々はまだその時に培われたその考え方を目にしている 」

マックス・フェルスタッペンの教育は、彼が受け継いだ生の才能と相まってさらに成果を挙げていると語る。

「彼は莫大な数のレッスンを積み上げており、もう愚かな間違いをするような経験不足ではない。彼の若さであれば、良くなるだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1