2012年11月のF1情報を一覧表示します。

ロマン・グロージャン 「F1は情け容赦ない世界」

2012年11月30日
ロマン・グロージャン
ロータスのシート喪失を噂されているロマン・グロージャンは、F1は「情け容赦ない世界だ」と認めた。

スイスの Le Matin にシート喪失の噂について質問されたロマン・グロージャンは「そうだね。でも、トップレベルでは普通のことだ。銀行や時計製造業でも同じことだ。情け容赦ない。F1はシートが不足している。プレゼントなどない」とコメント。

小林可夢偉、「KAMUI SUPPORT」で“100万ユーロ”を突破

2012年11月30日
小林可夢偉
小林可夢偉のF1活動資金のために開設された募金サイト「KAMUI SUPPORT」は、11月22日から11月30日までの時点で127,863,961円を集めたことを報告。ユーロ換算で100万ユーロを突破した。

「KAMUI SUPPORT」は、小林可夢偉の2013年のF1シートを獲得するための持参金を一般人から募金というカタチで集めるために開設されたサイト。募金は、1口あたり10,000円以上から募集。募金した方には「KAMUI SUPPORT」リストバンドが送られる。

レッドブル、2013年のF1エントリーフィーは2億7000万円

2012年11月30日
レッドブル F1 エントリーフィー
レッドブルは、2013年のF1に参戦するために326万ドル(約2億6950万円)のエントリー料の支払いに直面している。

FIAのF1からの収益を増加させる動きの一環として、F1チームは2013年のエントリーフィーの大幅な値上げに直面。

これまでのエントリーフィーは、一律で30万9000ユーロ(約3320万円)だった。

シャルル・ピック、F1の“オーバーテイクされた回数”記録を更新

2012年11月30日
シャルル・ピック
シャルル・ピックは、F1で“最もオーバーテイクされた回数”の記録を更新した。

Turun Sanomat によると、シャルル・ピックは、20年前以上のステファノ・モデナの記録を破ったと報道。

1989年にスタファノ・モデナはブラバム、68回オーバーテイクされていた。

マックス・チルトン、マルシャのシート獲得に自信

2012年11月30日
マックス・チルトン
マックス・チルトンは、2013年のマルシャーのシート獲得に自信をみせている。

シャルル・ピックがケータハムに移籍するため、2013年のマルシャのシートには空席ができている。

マックス・チルトンは、シルバーストン若手ドライバーテストにマルシャから参加。F1シンガポールGPでマルシャのリザーブドライバー就任が発表され、F1アブダビGPでは金曜フリー走行に出走した。

J.J.レート、ボート衝突事故で無罪

2012年11月30日
J.J.レート
2010年のボート事故で懲役2年4カ月の実刑判決を受けていたJ.J.レートが実刑を解かれた。

11月30日にフィンランドのトゥルクで控訴裁判が行われ、ボートが橋脚に衝突した際、J.J.レートがボートを操縦していたかどうかは明らかではないとの判決が下された。

J.J.レートは、衝突が起きたときにはボート後部に座っていたとして、判決を控訴していた。

アラン・プロスト 「2013年のF1フランスGP開催は不可能」

2012年11月30日
F1フランスGP
アラン・プロストは、F1フランスGPが2013年のF1カレンダーに復活することはないという報道を認めた。

ポール・リカールとマニクールは、いずれも申請期限までにフランスの統括団体FFSAに対してFIAに2013年のカレンダー変更を求める要請を提出しなかったと報じられている。

ポール・リカールのプロジェクトのアドバイザーを務めているアラン・プロストは、フランスが2013年にF1レースを開催する可能性についての質問に「2013年は不可能だ」と答えた。

セバスチャン・ベッテルの追い抜きは合法。タイトル確定

2012年11月30日
セバスチャン・ベッテル
FIAは、論争となっていたF1ブラジルGPのセバスチャン・ベッテルのオーバーテイクを合法と判断。セバスチャン・ベッテルのタイトルが確定した。

フェラーリは、セバスチャン・ベッテルがレース序盤のターン3と4の間の黄旗区間でジャン・エリック・ベルニュをオーバーテイクしたことを示すビデオ映像を調査していると述べていた。

小林可夢偉、2013年のロータスのドライバー候補との報道

2012年11月29日
小林可夢偉
小林可夢偉が、2013年にロマン・グロージャンに代わってロータスに加入する可能性があると Turun Sanomat が報じた。

フィンランドの MTV3 は、ロータスは、ロマン・グロージャンの放出を検討しており、ケータハムのシート喪失の危機にあるヘイキ・コバライネンが後任候補だと報じた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 39 | 40 | 41 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム