レッドブル F1 エントリーフィー
レッドブルは、2013年のF1に参戦するために326万ドル(約2億6950万円)のエントリー料の支払いに直面している。

FIAのF1からの収益を増加させる動きの一環として、F1チームは2013年のエントリーフィーの大幅な値上げに直面。

これまでのエントリーフィーは、一律で30万9000ユーロ(約3320万円)だった。

しかし、新たな料金システムでは50万ドル(約4130万円)の基本料金に加え、コンストラクターズチャンピオンチームは、1ポイントにつき、6000ドル(約50万円)、それ以外のチームは1ポイントにつき5000ドル(約40万円)が請求される。

新たな料金システムが導入された際には論争を巻き起こしたが、FIA会長ジャン・トッドは、新しいシステムは非常に公平なものだと考えている。

「最も小さなチームの支払いは50万〜80万ドル以下だ。12チーム中6チームくらいはそうなる」とジャン・トッドはコメント。

「最大の収益のある最大のチームはより多くを支払うことになる」

「どんな民主主義国でも、収入に従って税金を払っていると思う。そこから約30%以上を生み出している」

F1チームは、すでに2013年のエントリーを提出し、頭金として50万ドルを支払っているが、11月30日までに全額を支払わなければならない。

HRTは、2013年のエントリーを提出した際に、すでに50万ドルの支払い延期を特別に許されているが、最終期限により、2013年のチームの運命が明らかになるだろう。

2013年 F1チーム エントリーフィー

レッドブル460ポイント 326万ドル (約2億6950万円)
フェラーリ400ポイント 250万ドル (約2億円)
マクラーレン378ポイント 239万ドル (約1億9790万円)
ロータス303ポイント 201万5000ドル (約1億6650万円)
メルセデス142ポイント 121万ドル (約1億円)
ザウバー126ポイント 113万ドル (約9340万円)
フォース・インディア 109ポイント 104万5000ドル (約8640万円)
ウィリアムズ76ポイント 88万ドル (約7280万円)
トロ・ロッソ26ポイント 63万ドル (約5200万円)
ケータハム0ポイント 50万ドル (約4130万円)
マルシャ0ポイント 50万ドル (約4130万円)
HRT0ポイント 50万ドル (約4130万円)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル