2008年11月のF1情報を一覧表示します。

F1 メダル制の導入は来年?

2008年11月27日
バーニ・エクレストン
F1の最高権威者バーニー・エクレストンは、F1のワールドチャンピオンを決めるメダル制を来年導入すると宣言した。

バーニー・アクレストンは26日、F1とLG社との技術パートナーシップ発表の場で、メダル制は、次回のFIA世界モータースポーツ評議会の会議で承認されるだろうと述べた。

「そうなるだろう。全てのチームが満足している。理由は、みんながオーバーテイクがないと言い続けるのにうんざりしているからだ。オーバーテイクがないのは、サーキットや関係者のせいではない。ドライバーがオーバーテイクをする必要がないからだ」

ゲルハルト・ベルガー、トロ・ロッソを離脱

2008年11月27日
ゲツハルト・ベルガー トロ・ロッソ
ゲルハルト・ベルガーは、2009年のレギュレーションによってトロ・ロッソが後退すると感じたので、彼のトロ・ロッソの株式を売却することを決めたと語る。

トロ・ロッソは、レッドブルのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツが、ベルガーの持つトロ・ロッソの株式50%を買い戻すことを発表した。

2008年、トロ・ロッソはイタリアGPでの優勝などの活躍により、コンストラクターズチャンピオンシップをレッドブルを上回る6位緒得る素晴らしいシーズンを送った。

マーク・ウェバー 「2月10日までRB5に乗る予定はなかった」

2008年11月27日
マーク・ウェバー
マーク・ウェバーが、右足を骨折した事故以来、初めてインタビューに応じた。

マーク・ウェバーは、自らが主催にしたタスマニアでのアウトドアイベントで、マウンテンバイクを運転中に自動車と衝突。右足を骨折したウェバーは、現在、現地のホバート病院に入院している。

ウェバーは、右足を2ヶ所をひどく骨折しており、来月のヘレスに参加することはできなくなった。

レッドブル、年内のテストはベッテルとブエミが担当

2008年11月27日
レッドブル
レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、マーク・ウェバーの不在によって冬季プログラムの進行が妨げられることはないと語る。

マーク・ウェバーは、自転車での事故で右足を骨折し、すべてとまではいかないが、冬季テストの大部分を逃すことになった。

しかし、レッドブルは2009年シーズンのスタートに彼が間に合うことを楽観視している。

トヨタ TF109:公開は1月15日 新車発表会はなし

2008年11月27日
トヨタ TF109 新車発表
トヨタは、2009年の新車TF109のレース仕様を1月15日に発表する。トヨタTF109の実車は、1月20日にポルトガルのアルガルベ・サーキットで開始されるテストでお披露目されることになる。

トヨタは、F1のコスト削減の一環として、TF109に関しては恒例の新車発表会は開催しないことを決定した。その変わり、トヨタは、TF109に関するプレス資料をメディア向けにインターネットで配布する。

サンタンデール、アロンソのフェラーリ移籍を希望

2008年11月26日
サンタンデール フェルナンド・アロンソ
サンタンデールは、2010年シーズンにマクラーレンからフェラーリに移籍することを認めた。

スペイン銀行のスポンサー、バンコ・サンタンデールの頭取エミリオ・ボティンは、「サンタンデールは2010年からフェラーリのスポンサーになる」と述べた。

ボティンは、昨年末フェルナンド・アロンソがマクラーレンを離れたとき、彼の乗るマシンにサンタンデールのロゴを掲載したいと語っていた。

ファン・パブロ・モントーヤ 「F1に興味はない」

2008年11月26日
ファン・パブロ・モントーヤ
ファン・パブロ・モントーヤは、F1復帰のオファーを受けたが、それを断ったことを認めた。

ファン・パブロ・モントーヤは、ウィリアムズとマクラーレンで優勝候補としてF1で戦い、7勝をあげた。

マクラーレンに所属した2006年シーズン中にF1を離れてからアメリカのNASCAに参戦しているモントーヤは「F1に戻ることに興味はない」と語る。

LG、F1の公式パートナーに

2008年11月26日
LG F1 公式パートナー
韓国のLGエレクトロニクスが、F1の技術パートナーとしてとの5年間の契約を結ぶことを発表した。

LG社は、F1の公式家電製品、携帯電話、データ・プロセッサの販売権を獲得。LGのロゴは、F1のライブライミングシステムとライミンググラフィックスで表示されることになる。

「LGは、その分野のリーダーであり、最先端のテクノロジー、新機軸の達成、優秀でスタイリッシュなパッケージを開拓している。それはF1にも当てはまる」とバーニ・エクレストンは語る。

レッドブル、トロ・ロッソの株式を買収

2008年11月26日
レッドブル、トロ・ロッソを買収
レッドブルが、ゲルハルト・ベルガーが保有するトロ・ロッソの株式50%を引き継ぎ、100%を保有することを発表した。

レッドブルは、声明の中で「声明の中で、「競技当局の承認を前提に」共同オーナーだったゲルハルト・ベルガーが所有する50%の株式を買い戻したと述べた。

これにより、ディートリッヒ・マテシッツが率いるレッドブル社は、レッドブル・レーシングとスクーデリア・トロ・ロッソという2つのF1チームを所有することになる。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 21 | 22 | 23 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム