フィアット社御曹司 「アルファロメオF1はジョビナッツィに危害を加えた」
アントニオ・ジョビナッツィのアルファロメオF1でのキャリアは炎上しているようだ。

前戦F1アメリカGPでチームオーダーを無視して波紋を呼んだアントニオ・ジョビナッツィは、11位でフィニッシュしたF1メキシコGPのチェッカーフラッグ後、皮肉を込めた無線メッセージでチームを非難した。

「やあみんな、素晴らしい戦略に感謝する」とアントニオ・ジョビナッツィはアルファロメオF1のエンジニアに語った後、露骨に欠陥のあるレース戦略について「怒っている」と記者団に説明した。

フェラーリのサポートを受けてアルファロメオF1で走っているアントニオ・ジョビナッツィだが、今シーズン限りでチームを放出され、周冠宇、オスカーピアストリ、またはテオ・プルシェールのいずれかに交代させられると考えられている。

フェラーリ陣営でさえ、アルファロメオF1に向けて発砲し始めている。

「私はアルファロメオチームのプリンシパルに大きな敬意を払っている」と、現在のフィアット会長ジョン・エルカーンの兄弟であり、フェラーリにリンクされたアニェッリ家の一員であるラポ・エルカンは語った。

「しかし、自分のドライバーに危害を加えるチームを見るのは悲しくて腹立たしいことだ。私は、ファンの愛情に値するイタリアの才能であるジョビナッツィと一緒にいる」

「フォルツァ(がんばれ)!」とエルカンはソーシャルメディアで締めくくった。

イタリアの権威あるスポーツ新聞であるLa Gazzetta dello Sportは、F1メキシコGPがアルファロメオF1とアントニオ・ジョビナッツィの「関係におそらく終止符を打った」ことに同意する。

特派員のジュリオ・カロニアは「ストラテジストがイタリア人に損害を与えるという故意の違法行為を証明することは事実上不可能だとしても、アントニオには怒る理由がある」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / F1メキシコGP / アルファロメオF1