アルピーヌの2021年04月のF1情報を一覧表示します。

アロンソ 「F1はインディカーやWECより即座で対応するのが難しい」

2021年4月29日
フェルナンド・アロンソ 「F1はインディカーやWECより即座で対応するのが難しい」
フェルナンド・アロンソは、F1はインディカーやWECと比べて即座で対応することが難しいが、今後それらのカテゴリーで学んだ教訓を生かしたいと考えている。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、過去2年間F1から離れて他のカテゴリーに参戦した後、アルピーヌF1チームとともにF1に復帰した。

「フェルナンド・アロンソはF1キャリア初期ほど速くて勇敢ではない」

2021年4月27日
「フェルナンド・アロンソはF1キャリア初期ほど速くて勇敢ではない」と元F1ドライバーのマーク・ウェバー
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、F1キャリア初期の頃ほど“速く”“勇敢”ではなくなったかもしれないと語る。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2年のブランクを経て、今年アルピーヌからF1復帰。だが、友人であるマーク・ウェバーは、39歳でのF1復帰を心配していると語っていた。

アルピーヌF1のダビデ・ブリビオが感じたF1とMotoGPの類似点/相違点

2021年4月26日
アルピーヌF1のダビデ・ブリビオが感じたF1とMotoGPの類似点/相違点
アルピーヌF1のレーシングディレクターを務めるダビオ・ブリビオは、F1とMotoGPには類似点はあるものの、F1の無線通信のレベルには驚いたと語る。

ダビデ・ブリビオは、主にヤマハとスズキでMotoGPで20年間働き、2020年にスズキのチームマネージャとしてチームスズキエクスターに初のチームチャンピオン、ジョアン・ミルにスズキのライダーとして20年ぶりにタイトルをもたらした。

エステバン・オコン 「チーム内での扱いはアロンソと平等」

2021年4月24日
アルピーヌF1のエステバン・オコン 「チーム内での扱いはアロンソと平等」
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、チームのボスとエンジニアたちが、復帰した2度のF1ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソと同じくらい自分の意見に耳を傾けてくることを確信していると語る。

F1エミリア・ロマーニャGPの予選でエステバン・オコンに敗れ、決勝でも1つの後ろの10位フィニッシュを果たしたフェルナンド・アロンソは、まだ2年間のブランクを埋められていないことを認めている。

アルピーヌF1、ドライバーの移動車両『A110トラックサイドカー』を公開

2021年4月22日
アルピーヌF1、ドライバーの移動車両『A110トラックサイドカー』を公開
アルピーヌF1は、フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンがヨーロッパで開催されるグランプリで移動車両として使用する「アルピーヌ A110 トラックサイドカー」を公開した。

ベース車両となるアルピーヌ A110Sは、最高出力は292psの1.8リッター直列4気筒ガソリンターボを搭載。車両重量は1114kgにまで軽量化され、3.8kg/psのパワーウエイトレシオを実現。アルピーヌのF1マシン『A521』と同じブルーメタリックのカラーとブルー・ホワイト・レッドのレースカラーリングが施される。

アルピーヌF1 「ルノーエンジンの評価は“直感”に頼るしかない」

2021年4月21日
アルピーヌF1 「ルノーエンジンの評価は“直感”に頼るしかない」
アルピーヌF1は、ルノーのF1エンジンを評価するために“直感”に頼るしかないとドライバーを務めるフェルナンド・アロンソは語る。

ルノーF1は、昨年冬に最後のエンジンカスタマーだったマクラーレンを失い、今年はワークスチームであるアルピーヌF1のみが使用している。マクラーレンはメルセデスのF1エンジンに切り替えている。

アルピーヌF1 「冬の間に風洞の問題に見舞われていた」

2021年4月20日
アルピーヌF1 「冬の間に風洞の問題に見舞われていた」
アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、冬の間に風洞の問題に苦しんでいたと認める。

F1エミリア・ロマーニャGPでは、エステバン・オコンがQ3進出を果たしたが、フェルナンド・アロンソは15番手に沈んだ。決勝では、キミ・ライコネン(アルファロメオ)にペナルティが科せられたことで、オコンが9位、アロンソが10位とチームとしての今シーズン初ポイントをダブル入賞で果たした。

フェルナンド・アロンソ、F1復帰に苦戦「正しいレベルではない」

2021年4月20日
フェルナンド・アロンソ、F1復帰に苦戦「正しいレベルではない」
フェルナンド・アロンソは、今年のF1復帰がスムーズに進んでいないことを認め、改善することを誓う。

2回のF1ワールドチャンピンであるフェルナンド・アロンソは、2018年にF1を離れて以来、2戦目のグランプリとなったF1エミリア・ロマーニャGPの週末を通して“正しいレベル”ではなかったことを認めている。

フェルナンド・アロンソ、チームメイトに敗北「十分な速さがなかった」

2021年4月18日
フェルナンド・アロンソ、チームメイトに敗北「十分な速さがなかった」 / アルピーヌ F1エミリア・ロマーニャGP 予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPの予選で15番手。久々にチームメイトに敗北を喫した。

F1復帰に向けて、自分が最高のドライバーである証として「予選でチームメイトに負けていなかった」ことを挙げていたフェルナンド・アロンソ。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム