フェルナンド・アロンソ、F1復帰に苦戦「正しいレベルではない」
フェルナンド・アロンソは、今年のF1復帰がスムーズに進んでいないことを認め、改善することを誓う。

2回のF1ワールドチャンピンであるフェルナンド・アロンソは、2018年にF1を離れて以来、2戦目のグランプリとなったF1エミリア・ロマーニャGPの週末を通して“正しいレベル”ではなかったことを認めている。

「何度もチームとカテゴリーを変更し、常に適応の期間があるけど、それは決して言い訳にはならない。もっと良くなれるはずだ」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「今週末は正しいレベルではなかったけど、ポルティマオではそのレベルにいたい」

しかし、フェルナンド・アロンソは、日曜日のレースの開始から終了までの間に、アルピーヌF1のマシン“自信という点で300パーセント良くなった”と感じたと語る。

「でも、それがパフォーマンスを発揮できなかった言い訳にはならない。僕はパフォーマンスを発揮できていなかった」とフェルナンド・アロンソは認める。

「次のレースに向けてもっと準備をしなければならない。マシンに乗る時間がほとんどない、もしくはまったくないかは関係ない」

「おそらくここでもバーレーンでもマシンに自信がなかったし、ポルティマオでも持っていないだろう。一晩で100%に到達することはできない。時間がかかるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ