フェルナンド・アロンソ、チームメイトに敗北「十分な速さがなかった」 / アルピーヌ F1エミリア・ロマーニャGP 予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年のF1世界選手権 第2戦 F1エミリア・ロマーニャGPの予選で15番手。久々にチームメイトに敗北を喫した。

F1復帰に向けて、自分が最高のドライバーである証として「予選でチームメイトに負けていなかった」ことを挙げていたフェルナンド・アロンソ。

しかし、F1エミリア・ロマーニャGPでフェルナンド・アロンソはQ2で敗退して15番手なり、Q3進出を果たして9番グリッドを獲得したエステバン・オコンに敗北。アロンソがチームメイトに負けるのは、マクラーレン所属時の2017年の第15戦F1マレーシアGP(ストフェル・バンドーン)以来となる。

「今日は十分な速さではなく、マシンのパフォーマンスを最大化できなかった」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「結果にはがっかりしている。明日も何かを得られることを願っている。ここはオーバーテイクが難しいけど、ポイントはレースで与えられるので、どのようなことができるか見てみよう」

「一方で、エステバンは今日は好調だったし、僕たちがここに持ち込んだアップデートがうまく機能していることを示した。 バーレーンでは、土曜日が良く、日曜日が悪かったので、明日はそれが逆転することを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1イタリアGP / アルピーヌ