アルファタウリF1代表 「角田裕毅は限界を認識できるようになる必要がある」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、角田裕毅は自分のパフォーマンスが限界に達したときにそれを認識できるようになる必要があると語る。

角田裕毅は、F1での6戦で経験不足によって露呈したパフォーマンスにとって損なわれた評判を再構築しようとしている。F1バーレーンGP(9位)とF1アゼルバイジャンGP(7位)でポイントを獲得したが、その間に特にレッドブルのF1モータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコを怒らせる一連のクラッシュがあった。

『パードにプッシュしすぎた』というフレーズは角田裕毅と結びつくものとなっており、F1アゼルバイジャンGPの予選Q3でクラッシュした後もその表現が用いられた。

アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表であるフランツ・トストは、角田裕毅に才能が不足しているというよりも、自分のポテンシャルを超えようとしてしまうことが問題だと語る。

「裕毅は、金曜日以降、常に改善を示し、どんどん速くなっていった」とフランツ・トストは記者団に語った.

「彼のQ2タイムは本当に速かったし、Q3でも彼はそこにいた。最後の走行で、彼はプッシュしすぎて、ブレーキをかけるのが遅すぎた」

「彼は自分が限界に達したと認識することを学ばなければならない。他のトップドライバーと同じ0.1秒以内にいる場合、より速く走れるスペースはそれほど多くない。ドライバーとして『これ以上ブレーキは遅らせられない。これ以上強くプッシュすることはできない』と認識しなければならない」

「しかし、繰り返しになるが、これは一種の学習プロセスだ。そして、週末に彼はすでにマシンの理解と技術的なフィードバックの面で大きな前進を遂げたと言わなければならない」

「したがって、我々は彼が正しい道にを導けると確信している。彼には信じられないほどの天性のスピードがあるからね」

フランツ・トストは、角田裕毅のシーズンを振り返り、2回目のポイントフィニッシュによって上昇軌道に乗ることを望んでいると語る。

「シーズンの初めから、彼の知らないレーストラックがいくつかあったことを忘れてはならない」とフランツ・トストは説明した。

「例えば、ポルティマオは初めてであり、単純にセットアップなどマシンを最大限に活用できなかった。その後、バルセロナで彼は技術的な失敗を経験した。あそこではポイントを獲得できたかもしれないが、それは彼のせいではない」

「しかし、彼は学んでいる。バクーが難しいレーストラックで、簡単ではないことは誰もが知っている。予選Q3まで、彼は本当に良いレベルにいたし、良いペースを示していた」

「クラッシュすべきではなかった、Q3でクラッシュすることは1つのストーリーだ。私が気に入らなかったのは、Q1のイモラでの最初の走行でのクラッシュだった。あれほど競争力のあるマシンでやってはいけないことだった」

「しかし、それは彼が学ばなければならない賢さだ。そして、この賢さは経験と並行して身についていく。若いドライバーがすべてを知っていると期待してはならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / 角田裕毅