アルファタウリ・ホンダF1:2021年『AT02』 vs 2020年『AT01』 比較動画
アルファタウリ・ホンダF1が、2021年F1マシン『AT02』を発表。Sky Sports F1 昨年マシンからの変更点を比較できる動画を公開した。

2021年のF1世界選手権ではシャシーが凍結され、基本的に2020年F1マシンが引き継がれる。しかし、ダウンフォース削減のためにフロア、リアブレーキダクト、ディフューザーが調整され、シャシーは2つのトークンを使用した開発に制限される。

アルファタウリ・ホンダF1の昨年マシン『AT01』はレッドブル・テクノロジーズを介してレッドブルの2019年F1マシン『RB15』のリアエンドを使用していた。今年、アルファタウリ・ホンダF1は、2020年のレッドブル RB16のリアエンドはトークンを使わずに使用できたが、安定していた昨年マシンをベースとすることを望み、ギアボックス/リアサスペンションという点ではRB15のままにすることを選択した。

アルファタウリ・ホンダF1の2021年F1マシン『AT02』は、2021年の新しいフロア規制に適合しているものの、新しいカラーリングを除けば、一見すると昨年のAT01に非常によく似ている。

チームは2つのトークンを新しいノーズに使用することを選択し、アウトボード・フロントサスペンションも再設計した。F1の哲学で言えば“ワイド”に分類されるが、昨年よりもスリムになった新しいノーズが搭載されている。ノーズの下側はよりくり抜かれているように見え、サスペンションの内側のピックアップポイントが変更されている。その結果、技術規制で許可されているように、レッドブル・テクノロジーズが提供するステアリング・コンポーネントの一部を2020仕様にアップデートしている。

リア周りは2021年のフロア規則に合わせて変更されており、ダウンフォース不足を補うためにサイドポッドの形状を含め、空力パーツは変更されている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1