アルファタウリ・ホンダF1 「我々のマシンはフェラーリよりも速かった」
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは、2020年にチームはフェラーリよりも速いマシンを持っていたと信じており、コンストラクターズ選手権で勝てなかったことに失望していると語る。

トロロッソからチーム名を変更した初シーズンで、アルファタウリ・ホンダは記録的なポイント数を獲得し、史上初めて100ポイントを超えた。

ハイライトは、モンツァで開催されたF1イタリアGPでのピエール・ガスリーの衝撃的な勝利だった。これはチームにとってセバスチャン・ベッテルが同じレースで優勝してから12年ぶりとなる2度目の勝利となった。

ピエール・ガスリーは、他のレースでも印象的なパフォーマンスを発揮して定期的にポイントを獲得。チームメイトのダニール・クビアトも、イモラでの4位を含めて7戦で入賞を果たした。

しかし、コンストラクターズ選手権では6位のフェラーリに24ポイント及ばず、アルファタウリ・ホンダはランキング7位でシーズンを終えた。

アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは、チームがAT01で設計目標を達成したことには満足しているものの、フェラーリを倒す機会を逃したと感じていると語った。

「最終的には、チャンピオンシップで6位になれたはずだと感じている」とジョディ・エギントンは語った。

「本音を言えば、マシンはそのために十分に優れていたと思っているが、実現しなかった。我々がステップアップを果たしたことはたくさんあるが、残念ながら、我々はその偉業を達成できなかった」

「逆にマシンは非常に競争力があった。非常に多くのレースでポイントを獲得した。ポイントを獲得しなかったときになぜポイントを獲得できなかったのかははっきりしている。我々は自分たちのマシンを理解している」

「しかし、パフォーマンスがあったときの信頼性問題、自分たちの実力をうまくまとめらなかったポルトガルとトルコで犠牲を払ったというのがその件の事実だ」

「だが、少ないレースでこれまでにないほど多くのポイントを獲得し、ピエールは素晴らしい仕事をした。チームとして追跡している他のすべての指標は、正しい方向に向かっている」

「フェラーリ、特にシャルル・ルクレールは素晴らしく運転をした。我々の方が速いマシンを持っていたが、毎週末それを生かすことができなかった。彼らは我々の方が速いマシンを持っているとは信じていないかもしれませんが、それが私の見解だ」

アルファタウリ・ホンダ AT01の主な賞賛のポイントの1つは、サーキットやトラックの状態に応じてパフォーマンスが大幅に低下することを回避する寛容なマシンとして機能するその広い操作ウィンドウだった。

ジョディ・エギントンは、マシンの設計がピエール・ガスリーがベストを引き出すのに役立ったと同意する。ピエール・ガスリーは、2019年シーズンの途中にレッドブルからトロロッソに戻った後、チームとの最初のフルシーズンで輝いた。

「我々は、ドライバーが使いやすいようにマシンが機能する作動ウィンドウを拡大することにトライしてきた」とジョディ・エギントンは説明した。

「ガスリーはそれに応えた。彼は我々と一緒にいて、レッドブルに行き、レッドブルの経験を積み、戻ってきて、すぐに仕事に取り掛かったと言っても過言ではない。それは彼の功績だ。チーム内の環境へのクレジットでもある」

「彼は学んでおり、ドライビングはとても上手で、マシンの使い方やレースの仕方、レースクラフトなど、すべてが順調に進んでいる。我々はそれを実現させ、やる気を起こさせている。彼は本当に上手くやっている」

「彼がレッドブルで経験した状況についてはコメントできないが、彼は我々と一緒に気合を入れて仕事に取り掛かった。誰もがそれを高く評価していると思う。彼は110%を与えており、本当にそれ以上を求めることはできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1