アルファタウリ・ホンダF1 「空力とメカニカルに新コンポーネントを導入」 / F1トスカーナGP 金曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダF1のチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、2020年のF1世界選手権 第9戦 F1トスカーナGP初日のフリー走行での作業を振り返った。

ムジェロ・サーキットでのF1開催は初めてということで全チームにとって忙しい初日となった。アルファタウリ・ホンダF1は、ピエール・ガスリーが8番手、ダニール・クビアトが15番手でセッションを終えている。

「トリプルヘッダーの3戦目というチームにとっては厳しい状況だ。だが、前回のイベントの素晴らしい結果によって全員が大きな後押しを受けた。初めてF1でレースをするトラックに来るということで、パーティーの時間はかなり短いものになった。この時代のF1で我々がこのトラックに来たことはなく、モンツァとムジェロの合間に短時間で多くの準備をする必要があった」とジョナサン・エドルズはコメント。

「ここでもAT01の開発を続けており、モンツァのマシンと比べてここでは空力とメカニカルの両サイドで新コンポーネントが加わっている。新しいトラックなので、ドライバーにできる限り多く走行時間を提供することを目指した。それと新しいコンポーネントを評価こととの組み合わせにより、FP1は忙しいセッションとなった。必要なデータを全て収集し、エンジニアに最適なバランスを見つける時間を与えるために良い妥協点を見つけられた」

「FP1はポジティブだったし、かなり満足している。すべてが期待通りに機能しているように見えた。FP2はもう少し従来のセッションだったし、最終的には予選パフォーマンスを理解することが焦点だったが、ロングランでのタイヤ評価も重要だった。ピエールはポジティブなセッションを行い、良いパフォーマンスを見せていたが、ダニー(クビアト)はややマシンのバランスとグリップに苦しんでおり、特にオプション(ソフト)タイヤに苦戦していた。彼はショートランでもロングランでも最大限のポテンシャルを引き出せすことができなかったので、なぜ彼がハンドリングに苦労していたのかを理解するため、彼のマシンにはもう少しやるべき作業がある。明日彼が競争力をつけてQ3争いのできるマシンを与えられるように今夜は多くの仕事をしなければならない。また、日曜日にベストなレース戦略を選ぶため、タイヤの挙動についても集中していく」

関連:F1トスカーナGP フリー走行2回目:ボッタス最速でメルセデスがワンツー。レッドブルF1のフェルスタッペンが3番手

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / F1イタリアGP