F1
アルファタウリ・ホンダのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、今後F1カレンダーがさらに拡大した場合、F1チームはスタッフのローテーションが必要になるだろうと危惧している。

2020年のF1世界選手権は、ドイツGPがカレンダーから外れたが、オランダGPとベトナムGPが新たにレースが追加されることで史上最多の22戦で争われる。

最近、FIA会長のジャン・トッドは、F1で仕事ができることは“特権”であり、仕事量が増えることに不満を述べるべきではないと発言して非難を浴びた。

定期的にレース数の増加を支持する発言してきたフランツ・トストは、まだ行動を起こす必要はないが、22戦は限界に達したと感じていると述べた。

成長するカレンダーにもかかわらず特権的地位にあるため、Tostは定期的に多くのレースを支援しており、まだ行動を起こす必要性を感じていないにもかかわらず、限界に達したと言います。

「いいえ、我々は22戦に対処するために変更を加えていいない。昨年よりも1レース多いだけです」とフランツ・トストは RACER に語った。

「タイムフレームからは昨年とほぼ同じだ。3月にスタートし、最後のレースは11月末だ。大きな変更はない。2019年には3月17日にシーズンをスタートし、12月1日にシーズンを終了した。2020年は3月15日にスタートし、最後のレースは11月29日に行われる。大きな違いはない」

「シーズン中に1レース多くなるが、交代制でスタッフを入れ替える必要はない。もはや22が完全に限界だと思う。今後さらに多くのレースが開催される場合、チームはメカニック、エンジニアを交代させる必要があると思う。そうしなければ、チームにとっては多すぎる」

フランツ・トストが変更を嫌がる理由の1つは、2019年後半に好成績を収めた元トロロッソのチームとしての安定性を促進したいためだ。

「我々は現在、空力部門のビスターで優れたチームを結成している。メカニカル面では、レッドブル・テクノロジーからフロントとリアのサスペンションを入手している。常に1年落ちではあるが、それでも自分たちで開発しなければならないようりもはるかに優れている」とフランツ・トストは語る。

「1つの完全に弱いエリアがあるということではないが、F1で競争力を発揮するにはどこでも改善しなければならない。デザインオフィスでスタートし、マシンをスターティンググリッドに並べ、さらなる重量配分を可能にするために軽量化できることを願っている。特に空力に関して、パーツは進歩が見られるように設計および製造されている。レースチームの運用面では、ピットストップが改善されるはずだ。そして、レース戦略面でも我々はほとんどの場合正しい決定を下したと思う」

「さらに一歩前進するために、どこでも少しずつ改善していく必要がある。すべての部門が仕事を改善し、より良いソリューションを考え出せば、最終的には競争力を高め、他チームを打ち負かすための優れた完全なパッケージを手に入れることができるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ