フェルナンド・アロンソ 「バーレーンが不運を使い果たされたことを願う」 / アルピーヌF1 2021年 F1エミリア・ロマーニャGP プレビュー
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年のF1世界選手権の第2戦としてイモラ・サーキットで開催されるF1エミリア・ロマーニャGPへの意気込みを語った。

2週間前にバーレーンで2年ぶりのF1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソは、予選Q3に進出するパフォーマンスを見せたが、決勝ではブレーキダクトにサンドイッチの包み紙が挟めるという不運でリタイアすることにあった。

イモラ・サーキットは、2005年にフェルナンド・アロンソが最初のF1ワールドチャンピオンを獲得した場所でもある。

改めてF1での予選とレースはいかがでしたか?
本当に楽しかった。F1での予選に伴うフィーリングとアドレナリンを恋しく思っていた。他の競技とは異なる。土曜日にQ3に進出ことができてとても嬉しかったし、快適に感じていたのでかなり強くプッシュすることができた。レースの結果は明らかに期待通りではなかったけど、僕たちがリタイアしなければならなかった理由はとても不運だった。エステバンがスタートした場所もふんだった。まとめると、僕たちはコース上でいくつかの楽しいバトアルができた。今週末はもっとバトルができることを楽しみにしている。

イモラはあなたがよく知っている場所です。今週末再びあの場所でレースをするのを楽しみにしていますか?
イモラは好きなレーストラックだし、去年、F1に戻ってきたのを見てうれしかった。2020年にはエキサイティングなレースが繰り広げられた。10年以上前にここでレースをして以来、サーキットにいくつかの変更が加えられたことで、レースは改善されたと思う。シーズンのこんなに早い時期にヨーロッパにいることも違いだ。いつもは大陸が夏を迎える年の少し遅い時期に到着するからね。特に2005年にレースに勝ち、その年のチャンピオンシップを獲得したので、ここにはいくつかの良い思い出を持っている。

今週末の目標は何ですか?
日曜日にシーズン初ポイントを獲得するために戦わなければならないと思う。今シーズンの不運がバーレーンですべて使い果たされたことを願いたいね! 僕たちはまだマシンについて多くのことを学んでおり、ここでのセットアップ、そして、もちろん、天候はバーレーンで経験したものとは大きく異なると思う。かなり拮抗すると思うし、コンマ数秒が大きくポジションを変わる可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1イタリアGP / アルピーヌ