アルファロメオF1、ザウバー会長辞任で経営陣に混乱
アルファロメオF1は、ザウバーの会長が辞任し、舞台裏で混乱が生じている。

アルファロメオF1チームは、実際にはスイスを拠点とするザウバー・モータースポーツによって所有および管理されている。最近、ザウバー・モータースポーツは、マイケル・アンドレッティへのチーム売却に興味を示していた。

「契約が成立しなかったのは非常に残念だった」とマイケル・アンドレッティは語った。

「当時、我々は契約書にサインするまで文字通りあと48時間のところにいると思っていた」

マイケル・アンドレッティは何が悪かったのかは語らないものの、“飲むことができない”契約上の詳細が1つあったことを認めています。

ほぼ同時に、アンドレッティは、2022年のF1ドライバーとしてアントニオ・ジョビナッツィに代わってインディカーのトップスターであるコルトン・ハータの計画を提案していた。

最終的に、アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、中国が支援するF2ドライバーの周冠宇と契約するために、他のすべての候補者も落とした。

その結果、ザウバー・モータースポーツのチームオーナーであるロングボウ・ファイナンスの会長であるパスカルピッチは、プロジェクトを完全に終了することを決定した。

「アルファ・ザウバーにとっては困難な時期だ」とBlickに寄稿しているベテランジャーナリストのロジャー・ブノワは確認した。

「1か月前、パスカル・ピットは、十分だと判断して辞任した。彼はもうヴァスールとは何の関係も望んでいない」と語った。

ロジャー・ブノワは、パスカル・ピッチはバルテリ・ボッタスとの契約にも反対したと考えている。

「ピッチは、2018年に亡くなったセルジオ・マルキオンネの計画を継続したいと考えていた。これには、彼のお気に入りのジョビナッツィと、ヒンウィルとフェラーリのより強いつながりが含まれていた」とロジャー・ブノワは付け加えた。

代わりに、フレデリック・ヴァスールはメルセデスF1を放出されたバルテリ・ボッタスとアルピーヌF1のアカデミーのメンバーである周冠宇と契約をしている。
ロジャー・ブノワは「アルファ・ザウバーのエンジンパートナーを喜ばせる可能性は低い」と語った。

「それは、マラネッロの影響力がますます少なくなっていることを示している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / ザウバー