アルファロメオF1、周冠宇の起用と中国市場との関連性を隠さず
アルファロメオF1は、2022年のF1ドライバーとして周冠宇と契約したことと中国市場との関連性を隠さない。

しばらく時間がかかったが、アルファロメオF1は11月16日(火)に2022年のバルテリ・ボッタスのチームメイトとして周冠宇を起用することを発表した。周冠宇は初めてフルタイムで参戦する中国人F1ドライバーとなる。

F1は、3年連続でF1中国GPが中止になっているにも関わらず、2023年にカレンダーに復帰するとともに、2025年まで契約を延長したことを数週間前に発表しており、以前といて中国を重要なマーケットとしてとらえている、

F1の前任のCEOであるチェイス・キャリー、そして、現職のステファノ・ドメニカリは、アメリカと同じように中国を征服したいマーケットとして言及することが良くあり、周冠宇の到着はまさにそれを行うチャンスとなる。

F1は、フェルナンド・アロンソがスペイン、マックス・フェルスタッペンがオランダ、セルジオ・ペレスがメキシコに与えた影響を周冠宇に期待している。

「当社、現在のスポンサー業務、他の9チーム、そして、F1全般にとって、大きなチャンスだと思う」とアルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは語った。

「巨大だ。チームを成長させたいのであれば、本当に重要だと思う。だが、F1さえ、そのアプローチは同じだ。中国のような新しい市場を開くことは理にかなっている」

「そして、周はジュニアシリーズで非常によくやっており、完璧なアンバサダーになると思う。以前のすべての中国人ドライバーよりもはるかに優れていた。しかし、挑戦であることは完全にわかっている。F1に参加するのは常に挑戦だ」

周冠宇は、シート獲得に2500万ドル(約28億5000万)のスポンサーシップをもたらしたと報じられているが、中国で自動車を販売するアルファロメオ、そして、タイトルスポンサーのオーレンにとっても周冠宇は絶好のアンバサダーとなるはずだ。

「誰もが興奮している。アルファロメオやオーレンだけでなく、誰もが中国との商業的つながりを築こうとしている。これは絶好の方法だ」

アルファロメオF1は、将来、他の中国企業が参加することを期待している。

「ポテンシャルははるかに大きい。2023/2024年よりもはるかに速い可能性がある。我々と我々の営業部門にとって大きなチャンスだ。我々はそれに取り組まなければならない」

中国市場での商業的な価値が周冠宇との契約の鍵であることは明らかだが、現在のF1グリッドには商業パッケージとリンクしているドライバーは多数おり、ペイドライバーとして周冠宇を却下するのは間違いだ。

現在、FIA-F2での3年目ではあるものの、周冠宇はランキング3位につけている。2019年にデビューしたアレクサンダー・アルボン、2020年にデビューした角田裕毅はランキング3位でF1に昇格している。

「会社にとって、そして、会社の将来にとって重要な決定でした」とフレデリック・ヴァスールは語る。

「2022年のレギュレーションは大きな変化がある。テーブルにあるすべてのオプションを評価した。私にとってバルテリは非常に明白でした。そしてバルテリと並んで、さまざまなオプションがあり、さまざまな理由で周がファーストチョイスだった」

「決して一つの要因ではない。パフォーマンスだけが単一の柱ではない。常にスピード、チームとのコラボレーション、チームメイトとのコラボレーション、財務面の組み合わせだ。そして、会社の発展にとって良い前進だと思う」

現在、周冠宇はアルピーヌのアカデミードライバーとしてシミュレーター作業に従事しており、今年のF1オーストリアGPではFP1セッションを完了した。

だが、今回の契約にとって、アルピーヌF1との契約は解消され、周冠宇はアルファロメオのドライバーとなる。ちなみに周のキャリアは、元マノー/マルシャF1チームのボスであるグレアム・ローデンを含む経営陣によって運営されている。

「彼はアピヌーヌによって管理されてはおらず、アルピーヌとの契約はもうない」とフレデリック・ヴァスールは語る。

「それは私にとって重要だった。私も今後のために自由に仕事をする必要がある」

また、フレデリック・ヴァスールは、周冠宇が1年契約ではなく、アルファロメオF1との複数年のプロジェクトであることを明かした。

「2023年に道がないことを知って、1年間のプロジェクトを持つことは意味はない」

「アルピーヌとは良い関係を築いている。そして、彼らと状況について話し合うために、非常に率直にそれを行うことも重要だ。結局、彼らにとっても良い話であり、彼らは彼がF1に来るのを助けた」」

アルファは、両方のドライバーを変更した唯一のチームとして、2022年の新時代を迎える。それは興味深い組み合わせであり、バルテリ・ボッタスはついにルイスハミルトンの影から抜け出し、明確なチームリーダーとなり、周冠宇はルーキーだ。

「ポールポジションを獲得し、レースに勝ったことのあるバルテリがいるこのようなラインナップを持つことは、会社にとって大きな推進力だ。来年、彼の肩に大きなプレッシャーをかかることもわかっている」とフレデリック・ヴァスールは語る。

「我々は皆、プレッシャーの下で働いているし、結局はこの感覚が好きなんだ。これが我々のビジネスのDNAだ。そして、来年は、さまざまな理由で周、バルテリ、そして、我々にとって大きな挑戦になるだろう。新しいマシン。それはエキサイティングな挑戦だ」

チームにないのは、コックピットの継続性だ。すべての変更にとってリファレンスが欠如することはハンディキャップにならないのだろうか?

「私はそうは思わらない」とフレデリック・ヴァスールは語る。

「ギュンター・シュタイナー(ハースF1チーム代表)がそれを確信していることは知っているが、そうは思わない。経験のある人がいることが重要だと思う。チームが少し失われる可能性があるからだ。しかし、それから前年のマシンとの比較は無意味だ」

レギュレーションの変更は、他のすべての人にとってもリセットとなるため、ルーキーを起用するには理想的な時期だという見方もできる。

「いい時期かどうかわはからない。現在のレギュレーションを見れば、かなり大きな一歩だ。だ、F2もいい準備であり、すでにピレリの18インチタイヤを走らせている。彼らは同じトラックを走っている。彼にとって良いタイミングだと思う」

また周冠宇は、波風を立てず、新しいチームメイトから吸収するのに十分に賢いドライバーだ。

「我々は彼がバルテリから学ぶ機会を得られることを期待している」とフレデリック・ヴァスールは語る。

「経験のある人と一緒にいることは常に有益だ。ポールポジションを獲得してレースに勝ってことのるドライバーは良い例になる」

「それに加えて、バルテリは優れたプロであり、優れた人物だと思う。彼はチームに役立ち、周にも役立つ。コラボレーションはうまくいくだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / 周冠宇