アルファロメオF1の“悪ふざけ”はオスカー・ピアストリに有利に運ぶ?
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、2022年のアルファロメオF1の2つ目のシートを取り巻く“シェナニガン(悪ふざけ)”が、彼のマネジメントを担当するオスカー・ピアストリのシート獲得に有利に運ぶ可能性があると語る。

2022年、アルファロメオF1は、引退するキミ・ライコネンの後任として現メルセデスのバルテリ・ボッタスを獲得を発表しているが、チームメイトはまだ指名していない。

現在、FIA-F2のランキング2位の中国人ドライバーの周冠宇は、スポンサーパッケージによって、ポールポジションにいると長く噂されている。だが、ザウバー側は2023年に育成ドライバーのテオ・プルシェールを起用するために1年契約を望んでおり、複数年契約を望む周冠宇との交渉は難航していると言われている。

その一方で、アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、オスカー・ピアストリも検討中であるとしつつ、現職のアントニオ・ジョヴィナッツィは来年もまだ候補に残っていると主張。さらにアンドレッティ・オートスポーツがアルファロメオF1/ザウバーを買収するという噂も浮上するなど、混沌としている。

マーク・ウェバーと妻アンが率いるジャム・スポーツ・マネジメント・エージェンシーがキャリアを監督しているオーストラリア出身であるオスカー・ピアストリ(20歳)は、現在、ルーキーシーズンの残り6レースでFIA-F2のチャンピオンシップをリードしている将来有望なヤングガンだ。

マーク・ウェバーは、オスカー・ピアストリが、アルファロメオF1のシートを獲得を目指す他の候補者を怒らせることになるかもしれないと語る。

「アルファロメオのシートは動き回っている。おそらく投資の観点から、アンドレッティの名前を浮上しているのを目にした」とマーク・ウェバーは F1 Nation で語った。

「ダイナミックな面で興味深い最後がシートだ。ピアストリはF1に参加する価値があるか? もちろんだ。我々は皆それを知っている」

「メディアは素晴らしく、先日、他のドライバーも彼のことを高く評価していると聞いた。それは素晴らしいことだ」

「だから、スポーツが良い形で、優れた若い血が流れているのを見るのは良いことだ。オスカーは問題ない。ifではなく、whenの問題だ。見てみよう」

「興味深い数か月になるだろう。まだ完全に分類されているものはない。まだ分類されるべきシェナニガンが少しあり、それは彼に有利に運ぶ可能性がある」

アルピーヌのドライバーアカデミーに所属するアスカー・ピアストリは、本来ならばアスピーヌでF1に昇格するのが筋道となるが、2022年はフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンがドライバーを務めることがすでに発表されている。

オスカー・ピアストリは、アルファロメオF1のシート獲得に失敗した場合、アルピーヌF1の公式リザーブドライバーとして2022年に一連のFP1出走を享受する可能性がある。

「彼はすさまじい仕事をしているし、数年前からそれをやっている」とマーク・ウェバーは語る。

「彼は、昨年F3で優勝し、今年はF2でチャンピオンシップをリードしている。彼が優勝する保証はないが、現時点で最も多くのポイントを獲得しており、マシンの運転を楽しんでいる」

「人々はチームをフォローするが、彼らはドライバーをフォローすることも大好きだ。オスカーのおかげで、アルピーヌは彼に非常に熱心だ。アルピーヌは控えめに言っても、彼が指をすり抜けていくことを望んでいない」

「彼らは、将来に向けて再関与し、コミットすることを目指していている。まだ完了してないが、オスカーが将来に向けて幸せであることを保つために、非常に懸命に努力している。それが、我々が話をするなかで経験していることだ」

一部報道では、アルピーヌF1は、レッドブル/アルファタウリのような独自のBチームを新たにセットアップしてF1に参入することを検討していると報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング