アルファロメオF1、ノーズが特徴的な2021年マシン『C41』を発表
アルファロメオF1は、ノーズが特徴的な2021年F1マシン『C41』を発表した。

アルファロメオF1は2月22日(月)、タイトルスポンサーを務めるPKNオレーンが拠点とするポーランドの首都ワルシャワで2021年の体制発表会を開催。2021年F1マシン『C41』をお披露目した。

2019年にフロントウイングを含めた空力パッケージに変更が加えられてから、独特なフロントウイングを生み出してきたアルファロメオF1。

昨年から大部分のシャシーが持ち越される2021年F1マシンだが、アルファロメオF1はフロント周りを改良。特にノーズはこれまでのコンセプトをアップデートし、前方にむけて広がり、2段になった中央部に開口部を持った独特の形状となった。

カラーリングは、昨年からのアップデート版であることを強調してか、エンジンカバーとサイドポッドのホワイトとレッドの配色が前年モデルと比べて逆となっている。

アルファロメオ C41 ノーズ2021 Alfa Romeo Racing ORLEN C41

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / F1マシン