アルファロメオF1、2021年F1マシン『C41』は独特なノーズを採用?
アルファロメオF1のアントニオ・ジョビナッツィは、2021年F1マシン『C41』のルックスは“美しい”とし、前年モデルと比較して“独特”なノーズデザインを採用していることを明らかにした。

アルファロメオF1は、2021年もアントニオ・ジョビナッツィとキミ・ライコネンを続投。Sky Italia のインタビューで、ジョビナッツィは『C41』と命名された2021年F1マシンの第一印象を語った。

「新しいアルファロメオを見たけど、本当に美しい」とアントニオ・ジョビナッツィはコメント。

「カラーリングはとてもいいけど、特異性があるのはフロントだ。それがコンマ数秒をもたらすことができることを願っている」

2月22日に発表されるアルファロメオの新車『C41』はより先細ったノーズデザインを特徴とすることが予想される。しかし、アントニオ・ジョビナッツィは、昨年の貧弱なキャンペーンの後、チームがグリッドで順位を上げるためにフェラーリのアップデートされたF1パワーユニットを当てにできることを期待していると語る。

「パワーユニットは不明だけど、そこがもっと良くなって、もっと楽しくなることを期待している。C41はポーランドのワルシャワで発表されるけど、多くの満足を得えてくることを願っている」

アントニオ・ジョビナッツィは、2021年の目標を表彰台だと語った。

「僕の夢はアルファロメオを表彰台に上げることであり、それを実現したいと思っている」とアントニオ・ジョビナッツィは語った。

「そのためには、競争力のあるクルマ、運、そして、仕事が必要だ。僕たちは肉体的にも一生懸命働いている。自分自身を十分に準備してきた。最初のレースで可能な限り最高のクルマを手に入れたいと思っている」

また、アントニオ・ジョヴィナッツィは、通常の環境の中でシーズンが展開され、ファンが最終的にグランドスタンドに戻ることを望んでいると語る。

「昨年は本当に違っていたし、ファンのいないモンツァを見るのは厳しかった」とアントニオ・ジョビナッツィは認める。

「その一方で、僕たちはスタートすることを望んでいて、F1は多大な努力を払い、最終的にはシーズンが進んだ」

「観客のいるサーキットもあったけど、再び満員になるのが待ちきれない。モンツァ筆頭にね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / アントニオ・ジョビナッツィ