アルファロメオF1、ロバート・クビサをアブダビGPのFP1とテストに起用
ロバート・クビサは、来週のポストシーズンテストでアルファロメオF1のためにドライブする前に、今週末のF1アブダビGPのフリー走行1回目に今年最後のグランプリ週末での出走を行う。

今年、アルファロメオF1にリザーブドライバーとして加入したロバート・クビサは、これまで4回のFP1出走を果たしており、最後の走行はバーレーンだった。

元ルノーとウィリアムズのドライバーであるロバート・クビサは、F1アブダビGPの金曜の1回目のプラクティスセッションでアントニオ・ジョビナッツィに代わって参加し、火曜日のテストのためにチームに残る。

「僕がこのマシンを運転するたびに、チームに何かをもたらす機会があると思っている。特にバーレーンでの最後の出走からわずか2週間後にそれができることを楽しみにしている」とロバート・クビサは語った。

「ステアリングを握ることが、マシンとの一貫したフィーリングを構築することを可能にし、それがチームにより良いフィードバックを提供するのに役立つ」

「FP1とポストシーズンテストの両方のセッションは非常に役立つでだおる。楽しみにしている」

ロバート・クビサはアブダビテストで、2020年のFIA-F2をランキング2位で終えたカラム・アイロットと運転業務を分担する予定となっている。

「シーズンは終わりに近づいているかもしれませんが、やるべきことはまだたくさんあり、マシンを軌道に乗せるためのあらゆる機会が重要だ」とアルファロメオF1のチーム代表フレデリック・ヴァスールは語った。

「ロバートのようなスキルと技術的態度を人がいることは、我々がその日を最大限に活用することに役立つ。彼はシーズンを通して本当に貴重な資産であり、2020年の最後の外出でもそうなるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / ロバート・クビサ / F1アブダビGP