F1 キミ・ライコネン アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングのチームマネージャーを務めるピート・ザンダーは、キミ・ライコネンと再び仕事をしていることへの喜びを語った。

ピート・ゼンダーは、キミ・ライコネンが2001年にザウバーでF1デビューを果たした際に仕事をしていた。そして、2019年にライコネンがフェラーリを離れて現アルファロメオ・レーシングに移籍したことで二人は再開を果たした。

現在、キミ・ライコネンは、メルセデス、フェラーリ、レッドブルが占めるトップ6に次ぐ、“ベスト・オブ・ザ・レスト”となるドライバーズランキング7位につけている。

「キミと仕事をすることはシンプルに喜びだ。彼は毎回全力を尽くしている」とピート・ゼンダーは Blick にコメント。

39歳のキミ・ライコネンがランキング7位につけていることに関して、ピート・ゼンダーは「キミはBチーグをリードしている!」と笑った。

アルファロメオ・レーシングのF1チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、現在のルール体制の下では“Bリーグ”はその場に残ることになると考えている。

「2021年までそれほど変わらないだろう。我々は唯一トライできるのはミッドフィールドで持ちこたえることだけだ」

「我々の目標はコンストラクターズ選手権で6位のままだ」

現在、アルファロメオ・レーシングは、ルノーに次ぐコンストラクターズ選手権6位につけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アルファロメオ・レーシング | キミ・ライコネン