エイドリアン・スーティルのマネージャー 「2014年のオプションは2つ」

2013年12月5日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルのマネージャーを務めるマンフレッド・ジマーマンは、2013年以降にF1に留まるためのオプションは2つあると述べた。

マンフレッド・ジマーマンは「我々には2つのオプションがある。だが、まだ決定はしていない。もちろん、出来る限り早くソリューションをあられるように務めているが、それは我々だけで決められることではない」とコメント。

エイドリアン・スーティル、フォース・インディアとの契約完了を示唆

2013年11月22日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、2014年にフォース・インディアに残留する契約にサインしていることをほのめかした。

エイドリアン・スーティルは、どこで走るかについての明言は避けたが、計画がまとまったことを明らかにした。

「そうだね。自分がどこにいるかはわかっている」とエイドリアン・スーティルはコメント。

エイドリアン・スーティル、パストール・マルドナドに呆れ返る

2013年11月19日
パストール・マルドナド
パストール・マルドナドのF1での将来が、F1アメリカGPでのエイドリアン・スーティルとの衝突で再び憶測の対象となっている。

パストール・マルドナドは、危険なドライバーとして悪名高いが、PDVSAによる4000万ドル(約40億円)のスポンサー資金によって、2014年の残りのシートを買える立場にある。

エイドリアン・スーティル 「ブラジルは歴史的なレースのひとつ」

2013年11月19日
エイドリアン・スーティル (フォース・インディア)
エイドリアン・スーティルが、2013年F1シーズン最終戦となるブラジルGPへの意気込みを語った。

エイドリアン、全てのドライバーが、インテルラゴスを訪れることを楽しみにしているようです。あなたも同じですか?
サンパウロは、アブダビのような場所とは正反対だけど、ブラジルの雰囲気はいつも素晴らしい。歴史的なレースのひとつだし、トラックには少ししかないコーナーがないけど、毎年面白いレースを生み出している。

エイドリアン・スーティル 「オースティンで走るのを楽しみにしている」

2013年11月12日
エイドリアン・スーティル (フォース・インディア)
エイドリアン・スーティルが、F1アメリカGPへの意気込みを語った。

エイドリアン、2レースでポイントを獲得しての気分はいかがですか?
再びポイントを獲れて良かったよ。簡単ではなかったし、戦略面で勇敢な決断をして、それが成果を挙げた。でも、同時に常に改善したいものだし、クルマのバランスでゲインを得られるエリアはいくつかある。オースティンでより快適に感じられるように前進を果たしたい。

エイドリアン・スーティル 「アブダビはパーフェクトなトラックのひとつ」

2013年10月31日
エイドリアン・スーティル (フォース・インディア)
エイドリアン・スーティルが、F1アブダビGPへの意気込みを語った。

エイドリアン、インドGPでは1ストップ戦略での2ポイント獲得に満足だったに違いありません。
僕たちが選んだ戦略が、達成できる最高の結果をもたらしてくれたと思っている。ちょっと異なることを試せば、良い結果を持ち去れるということを示していると思う。ソフトタイヤはレースコンディションで未知の経験だったのでリスキーな選択だったけど、うまく労わることができたし、レースの残り数周でも力強いペースがあった。

エイドリアン・スーティル 「インドGPでのポイント獲得は大きなタスク」

2013年10月21日
エイドリアン・スーティル (フォース・インディア)
エイドリアン・スーティルが、F1インドGPへの意気込みを語った。

エイドリアン、サハラ・フォース・インディアのクルマでインドに戻りますね。さらに特別な感じがしますか?
特別なことだ。僕たちのホームグランプリだし、クルマのサイドにインドの国旗のカラーを施していることがそれをさらにメモラブルなものにしてくれる。

エイドリアン・スーティル 「2014年も“たぶん”フォース・インディア」

2013年10月17日
エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、2014年もフォース・インディアに残留することになると考えている。

昨シーズンF1から離れていたエイドリアン・スーティルだが、今年2007年から20011年に在籍していたフォース・インディアに復帰し、これまで26ポイントを獲得している。

フォース・インディアは、まだ2014年のドライバーを確定させていないが、エイドリアン・スーティルは残留すると確信している。

エイドリアン・スーティル 「日本のファンはエネルギーを与えてくれる」

2013年10月8日
エイドリアン・スーティル (フォース・インディア)
エイドリアン・スーティルが、F1日本GPにむけて鈴鹿サーキット、そして日本の印象を語った。

エイドリアン、かつて日本で住んでいましたよね? 戻るのは楽しみですか?
日本には良い思い出がある。23歳のときに1年間住んでいた。とても楽しかったし、離れたくないほどだったよ! ファンはとても熱狂的でフレンドリーだし、丁寧だ。彼らはいつも多くのエネルギーを与えてくれる。日本の食べ物も大好きだ。特に鉄板焼きが好きだね。とても多様性がある場所だ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム