ザウバー F1 アブダビ 結果
ザウバーは、F1アブダビGPの決勝で、マーカス・エリクソンが15位、フェリペ・ナッセが16位でレースを終えた。

2016年、ザウバーは、フェリペ・ナッセが2ポイントを獲得して17位、マーカス・エリクソンはポイントを獲得できず22位。合計2ポイントでコンストラクターズ選手権10位でシーズンを終えた。

2017年、ザウバーは、マーカス・エリクソンの残留は発表しているが、もうひとりはまだ未発表となっている。

マーカス・エリクソン (15位)
「かなりチャレンジングなレースだった。僕たちは1ストップ戦略で55周を走り切った。僕たちはかなりうまくそれを実行できたと思う。全体的に今日の自分のパフォーマンスには満足しているけど、もちろん、結果はそれを示していない。かなりのラップでタイヤをうまく管理することができたし、あまりタイヤマネジメントをし過ぎることなくプッシュすることができた。でも、今日の僕たちにはとにかくペースがなかった。シーズンはフィナーレを迎え、僕たちは冬休みに入る。その間に2017年にむけてバッテリーを充電する。F1の新たな時代に興奮している。トラックとヒンィルノファクトリーにいるみんなに心から感謝したい。チャレンジングでタフな一年だった。僕たちは団結しているし、懸命に作業している。それは将来に僕たちをもっと強くしてくれるはずだ」

フェリペ・ナッセ (16位)
「とても良いスタートが切れたし、1周目に14番手まで駆け上がることができた。出来る限り長くその場所に留まるために懸命に戦ったけど、僕たちには後続のライバルを抑えるためのペースはなかった。ミドルスティントは問題なさそうだったし、マノーを抑えていたけど、残念なことに、マノーと僕との間で接触があった。リムとフロアがダメージを負い、フロントウイングもダメージを負った。それによって当初予定していたよりも早くにピットストップを強いられた。それによってレースは妥協を強いられてしまった。この事故がなければ、もう少し上位でフィニッシュできたはずだ。でも、最も重要なことはコンストラクターズ選手権10位を確保することだった。最終的にこのポジションを確定させることができて嬉しく思っている。シーズンを要約すれば、ザウバーとのもう1年を楽しむことができた。チャレンジングで難しいシーズンだったけど、最も学ぶことができた時間だと思う。シーズン中にチャレンジングな時期に直面したけど、チームのみんなとの関係は強かった。ブラジルGPでの2ポイントは全てを価値のあるものにした。チーム全体がそれに相応しい。全員に心から感謝している」

関連:F1アブダビGP 結果:優勝はハミルトン、ロズベルグがチャンピオン獲得!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー | F1アブダビGP