ロベルト・メルヒ、マノーからWECに参戦

2016年3月30日
ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒは、マノーと契約し、2016年に世界耐久選手権のLMP2クラスを戦うことになった。

2015年にマノー・マルシャから13戦に参戦したロベルト・メルヒだったが、体制が変わったマノーは2016年にパスカル・ウェーレインとリオ・ハリアントの起用を決定。ロベルト・メルヒはシートを喪失した。

ロベルト・メルヒは、マノーのORECA 05 LMP2の一台を走らせることにあり、F1チームを離れたジョン・ブースとグレアム・ロードンと働く。

ロベルト・メルヒ、ルノーのテストドライバーに就任?

2016年2月9日
ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒは、まだ2016年にF1での役割を保つ可能性を除外していない。

スペイン出身のロベルト・メルヒ(24歳)は、後半戦で資金力のあるアレキサンダー・ロッシにシートを明け渡したが、マノーで大部分のレースに出走した。

しかし、ロベルト・メルヒが2016年のマノーのレースシトを獲得する可能性は低いとみられている。

ロベルト・メルヒ、2016年のF1キャリア継続を諦めず

2016年1月22日
ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒは、2016年もF1で戦うことを諦めておらず、実際、メルセデスにパワーユニットを変更するマノーで2年目のシーズンを送るチャンスはあると考えている。

昨年、マノーでF1デビューを果たしたロベルト・メルヒは、シーズン後半に資金力のあるアレキサンダー・ロッシにシートを明け渡すことなったが、El Confidencial は、忙しく2016年の準備を進めていると伝えている。

ロベルト・メルヒ 「2016年のマノーのシート獲得は予算的に難しい」

2015年12月16日
ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒは、予算不足によよって2016年にマノーのシートを獲得することはできないと考えており、サードドライバーという選択肢に目を向け始めている。

ロベルト・メルヒは、開幕戦からマノーのシートを獲得。当初は開幕数戦の契約だったが、印象的なパフォーマンスをみせたこともあり、シーズンの大部分でレースを保持。しかし、予算不足により、ラスト7戦のうち5レースをアレキサンダー・ロッシに明け渡した。

ロベルト・メルヒ 「リザーブドライバーになるくらいならGP3で走りたい」

2015年10月23日
ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒは、来年F1でサードドライバーやリザーブドライバーを務めるよりもGP3でレースをしたいと述べた。

今シーズン以降のロベルト・メルヒの将来は不確定であり、マノーが彼を保持するかどうかを待っている状態となっている。

だが、最終7戦のうち5戦をアレキサンダー・ロッシに譲ることになった状況を考えれば、2016年にマノーのレースシートを獲得する可能性は低そうだ。

ロベルト・メルヒ、フェルナンド・アロンソのマノーへの愚弄に反論せず

2015年10月20日
ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒは、フェルナンド・アロンソのマノーへの愚弄に反論することを拒否した。

フェルナンド・アロンソは、2016年にマノーがメルセデスのパワーユニットを搭載することで、マクラーレン・ホンダを倒すかもしれないとの意見に反論していた。

「マノーのことは完全にリスペクトしているけど、彼らがクルマに飛行機エンジンを搭載しても、さらに上へ行くことはないだろう」とフェルナンド・アロンソは述べた。

ロベルト・メルヒ 「クルマに戻るのが待ちきれない」

2015年10月8日
ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒが、ソチ・オートドロームで開催されるF1ロシアGPについて語った。

ロベルト・メルヒ (マノー)
「今週末、ソチでクルマに戻るのが待ちきれない。ここでレースをするのは初めてだけど、去年FP1セッションに参加しているので、サーキットの特性はいくらか理解しているし、数レースクルマから離れていので、それが僕にとって役に立つといいね」

ロベルト・メルヒ 「シンガポール到着後にシート喪失を告げられた」

2015年9月18日
ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒは、今週末のグランプリのためにシンガポールに到着してからアレキサンダー・ロッシとの契約によって自分がマノーのF1シートを喪失することを告げられたと明かした。

マノーは、16日(水)にアレキサンダー・ロッシがロベルト・メルヒに代わって残り7戦のうち5戦を戦うことを発表。ロベルト・メルヒは、ロシアとアブダビでレースに戻る。

ロベルト・メルヒ、フォーミュラ・ルノー3.5への参戦を終了

2015年9月11日
ロベルト・メルヒ
ロベルト・メルヒは、F1と平行して参戦していたフォーミュラ・ルノー3.5を終了し、F1に専念することを選択した。

2014年、ロベルト・メルヒは、ケータハムでフリー走行に出走しつつ、フォーミュラ・ルノー・3.5でカルロス・サインツとタイトルを争い、最終的に3位で選手権を終えていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム