F1 レスター・シティ
ロス・ブラウンは、F1の理想的なシナリオは、プレミアリーグを制覇したレスター・シティのおとぎ話のような成功を小規模チームが叶えられるくらいのパフォーマンス差になることだと語る。

F1の新マネージングディクレターに就任したロス・ブラウンは、F1はルールを単純化する必要があると BBC に語った。

「我々全員がレスター・シティの例えを知っている。それがF1には理想的だ。素晴らしいドライバーと良いチームが素晴らしい一年を過ごしたときにチャレンジを本当にはまるようなね。だが、現時点でそれはあまり可能ではない」とロス・ブラウンはコメント。

「トップチームが使用しているリソースレベスは巨大なギャップを作った。私の至福の境地は少し変わった環境で得られた。突然、後方にいたチームが勝った。だが、現時点では勝てるチームは2〜3チームだし、我々はそれを広げる必要がある」

日本代表の岡崎慎司が所属するレスター・シティは、前年に降格圏内を争っており、人件費もプレミアリーグ全20チーム中18位。だが、2015-16に“奇跡”のプレミアリーグ制覇を成し遂げている。

元フェラーリのテクニカルディレクター、メルセデスのチーム代表だったロス・ブラウンは、2009年にホンダを買収してブラウンGPを設立し、ジェンソン・バトンとともにダブルタイトルを獲得した。

その成功はレスター・シティの偉業と比較されることもあるが、ブラウンGPはホンダがF1から撤退する前に大金を費やして開発していたシャシーと強力なメルセデスエンジンのおかげでもあった。

昨シーズン、メルセデスは21戦中19勝を挙げて、ダブルタイトルを3連覇。その一方で、最下位だったマノーは破産申請をして存続の危機に立たされている。

フェラーリのようなトップチームは3億ドルを上回る予算がある一方で、下位チームはその4分の1にもい満たない予算しかない。

「我々はテクノロジーの範囲を狭める必要がある。ビッグチームとスモールチームのギャップはあまりに大きすぎる」とロス・ブラウンはコメント。

「我々は解決策を考える必要がある。アイデアはある。まずはチームと共有したので、それら全てを共有することはできないが、研究をはじめ、2018年もしくは19年に使うかもしれないことのアイデアがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リバティ・メディア