ルイス・ハミルトン、タイトル奪還にむけて「モチベーションは2倍」

2016年12月26日
ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、2016年のF1ワールドチャンピオン争いに敗れたことで、2017年にそれを取り戻したいという欲求が2倍になったと語る。

ルイス・ハミルトンは、チームメイトのニコ・ロズベルグに5ポイント差で2016年のタイトル争いに敗れた。

シーズン前半に信頼性トラブルが多発したルイス・ハミルトンは、劣勢から巻き返して最終戦まで食い下がった。

ルイス・ハミルトン、パスカル・ウェーレインの起用を拒否?

2016年12月19日
ルイス・ハミルトン パスカル・ウェーレイン
ルイス・ハミルトンが、2017年にメルセデスでのチームメイトとしてパスカル・ウェーレインを起用することを拒否したと Auto Bild が報じている。

ニコ・ロズベルグが引退したメルセデスには、育成ドライバーのパスカル・ウェーレインがいるが、22歳のウェーレインを起用するとの話は聞こえてこない。

一部報道では、メルセデスとウィリアムズはすでにバルテリ・ボッタスの移籍で合意しており、フェリペ・マッサがF1引退撤回を受け入れたとも言われている。

ルイス・ハミルトン 「アロンソやベッテルはチームにとってベストでない」

2016年12月18日
ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、メルセデスでセバスチャン・ベッテルやフェルナンド・アロンソとペアを組むことになっても個人的には異論がないが、チームの決定はドライバーの才能以上のものが要因でかる必要があると語る。

ニコ・ロズベルグとの4年間はしばしばチーム内に緊張関係をもたらしたが、2007年にマクラーレンでフェルナンド・アロンソと組んだときのような刺々しさまでには至らなかった。

ルイス・ハミルトン、F1アブダビGPでの問題についてメルセデスと和解

2016年12月12日
ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンとトト・ヴォルフは、F1アブダビGPでの問題について和解したようだ。

最終戦後、チームの命令を無視してニコ・ロズベルグを抑え続けたルイス・ハミルトンの行動を問題視し、なんらかの処分を下すことを示唆していた。

しかし、その後、トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンへ指示を出したのは誤りだったと認め、チームは“適切だと考えるやり方でレースをさせるべきだった”と述べていた。

メルセデス 「ルイス・ハミルトンがドライバー選定に介入することはない」

2016年12月8日
ルイス・ハミルトン
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがニコ・ロズベルグの後任選びの意思決定プロセスに介入することはないと主張する。

メルセデスは、12月中に2017年のドライバーラインナップを発表することを見込んでおり、パスカル・ウェーレイン、フェルナンド・アロンソ、バルテリ・ボッタスが候補と考えられている。

メルセデス 「ルイス・ハミルトンの命令無視問題はまだ解決していない」

2016年12月8日
ルイス・ハミルトン
メルセデスは、F1アブダビGPでのルイス・ハミルトンの命令無視についての問題は決して解決したわけではないと述べた。

ルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPのレース終盤にペースを上げろというパディ・ロウ直々の最重要命令を2度にわたって無視。ニコ・ロズベルグを抑え込み、追い上げてきた後続勢のセバスチャン・ベッテルとマックス・フェルスタッペンにプレッシャーをかけさせた。

ルイス・ハミルトン 「誰がチームメイトになるか楽しみ」

2016年12月6日
ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンが、ニコ・ロズベルグのF1引退をどう感じているかについてさらに詳しく語った。

ニコ・ロズベルグの引退について「それほど驚かなかった」とルイス・ハミルトンはコメント。

「彼は寂しくなるだろうし、彼の今後の活躍を祈っている。でも、彼と仕事をすることは本当に喜びだった」

ルイス・ハミルトン 「契約条項にチームメイト拒否権はない」

2016年12月5日
ルイス・ハミルトン 拒否
ルイス・ハミルトンは、メルセデスとの契約に新しいチームメイトを拒否する条項はないとしつつも、候補者の選定を手伝いたいと語る。

ニコ・ロズベルグがF1引退を決断したことで、メルセデスは、2017年にむけてルイス・ハミルトンの新たなチームメイトを探す必要に迫られた。

新しいチームメイトについて発言権を持っているかと質問されたルイス・ハミルトンは「これまで僕は決してそのような要請をするドライバーではなかった」とコメント。

ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトン、戦いを終えて再び友人へ

2016年12月5日
ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトン
ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、長く厳しい戦いを終え、再び友人としての関係に戻ったようだ。

ニコ・ロズベルグは、今シーズン、ルイス・ハミルトンを倒して悲願のF1ワールドチャンピオンを獲得。夢を叶えたロズベルグは勝者としてF1から引退するという決断を下した。

カート時代から切磋琢磨してきた二人。2008年の開幕戦F1オーストラリアGPでニコ・ロズベルグが初表彰台となる3位入賞を果たした際には、ルイス・ハミルトンと抱き合って喜ぶ姿が印象的だった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム