AFコルセ、アレッサンドロ・ピエール・グイディをWECドライバーに起用

2017年2月19日
アレッサンドロ・ピエール・グイディ
フェラーリは、ジャンマリア・ブルーニが離脱し、後任としてアレッサンドロ・ピエール・グイディがAFコルセの2017年のドライバーを務めることを発表した。

フェラーリは、ジャンマリア・ブルーニと“双方の合意によって早期に関係を終了した”とリリースで発表。ジャンマリア・ブルーニは今年6月松にフェラーリを去るとした。

フェラーリ、2017年F1マシンの開発が難航?

2017年2月17日
フェラーリ F1 2017
フェラーリが、2017年シーズンにむけてすでに問題を抱えていると噂されている。

今週、トリノでF1タイヤサプライヤーの発表イベントが開催され、F1チーム代表が出席したが、そこにフェラーリのチーム代表マウリツィオ・アリバベーネの姿はなかった。

「マラネロから遠くにはいないが、我々にはやることが多く、行くことができなかった」とマウリツィオ・アリバベーネはビデオメッセージで説明したという。

フェラーリ、史上最強・最速の12気筒モデル『812 Superfast』を公開

2017年2月17日
フェラーリ 812 Superfast
フェラーリは、同社史上最もパワフルかつ最速を誇る、最新世代高性能12気筒ベルリネッタのファーストモデル『812 Superfast』を第87回ジュネーブ国際モーターショーでワールドプレミアする。

『フェラーリ 812 Superfast』は、数々の革新的技術と機能が搭載されていることは言うに及ばない。1947年にフェラーリが初めてリリースした 125S から、今年で70周年を迎えるプランシングホース・ブランドとともに歩んできたV12エンジンの歴史に新たな一歩を刻むモデルとなる。

ザウバー、ジョビナッツィのリザーブ起用についてフェラーリと交渉

2017年2月15日
ザウバー アントニオ・ジョビナッツィ
ザウバーは、2017年のリザーブドライバーにアントニオ・ジョビナッツィを起用することについてフェラーリと交渉していると Autosport が報じた。

ザウバーは、新たに起用するパスカス・ウェーレインが先月のレース・オブ・チャンピオンズで負傷したこともあり、サードドライバーを確保したがっている。

パスカル・ウェーレインは、2月27日にバルセロナでスタートするプレシーズンテストで走るかどうかを決定するために健康診断を続けている。

アントニオ・ジョビナッツィ、フリー走行出走の可能性を否定はせず

2017年2月14日
アントニオ・ジョビナッツィ
アントニオ・ジョビナッツィは、今シーズン、何度か金曜フリー走行に出走するかもしれないとの推測を否定はしていない。

昨年、GP2シーズンを2位で終えたアントニオ・ジョビナッツィは、2017年のフェラーリのリザーブドライバーとして契約を結んだ。

フェラーリとフィアットの会長であるセルジオ・マルキオンネが温めているアルファロメオのF1参戦が実現した場合、アントニオ・ジョビナッツィがドライバー候補であるのは明らかだ。

フェラーリ、初日のベッテルのクラッシュでウェットタイヤテストを断念

2017年2月10日
フェラーリ F1
フェラーリは、ウェットタイヤテスト初日のセバスチャン・ベッテルのクラッシュによってミュールカーのスペアパーツが不足したため、2日目に予定していたテストを中止せざるを得なくなった。

セバスチャン・ベッテルは、9日(木)に人工的に濡らしたフィオラノのテストでピレリの新しいウェットタイヤのテストで2017年のダウンフォースレベルをシミュレートした2015年マシン『SF15-T』でテストを実施した。

キミ・ライコネン、ヘルシンキにカラオケバーを開店

2017年2月10日
キミ・ライコネン
キミ・ライコネンが、母国フィンランドのヘルシンキにカラオケバーを開店すると Seitsemän Päivää が報じている。

“アイスマン”と称され、寡黙な印象のキミ・ライコネンだが、実は大のカラオケ好きで、ヘルシンキにいる際には地元のカラオケバーにいるのがお馴染みの光景だという。

セバスチャン・ベッテル、新ウェットタイヤのテストでクラッシュ

2017年2月10日
セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルは9日(木)、フィオラノでピレリの新しいF1ウェットタイヤをテストしたが、クラッシュして早々に終了してしまった。

2015年マシンを改良したミュールカーで今年から導入されるワイドになったピレリのコンパウンドのテストを開始したセバスチャン・ベッテルだったが、午前中の早い段階で人工的に濡らしたコースでマシンのコントロールを失い、正面からバリアに突っ込んだ。

フェラーリ 「今のフォーミュラEに魅力はない」

2017年2月5日
フェラーリ フォーミュラE
フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、近い将来の参戦はないものの、フォーミュラEの発展を見守ってはいる語る。

2014年にスタートした電気自動車のシングルシーターでの選手権であるフォーミュラEは、ゆっくりではあるが、着実に自動車メーカーの関心をひきつけている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム