角田裕毅 「ミッドフィールドはバトルはタイト。車の開発が必要」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 スペインGP プレビュー
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第6戦スペイングランプリへの意気込みを語った。

前戦マイアミでは決勝でペースを発揮できずに12位でフィニッシュした角田裕毅。他のドライバーと同様にバルセロナは何度も走り込んだサーキットであり、ミッドフィールドでのタイトなバトルを予想する。

「マイアミは複雑な週末でした」と角田裕毅は前戦を振り返る。

「最初、フリープラクティスでチームメイトとの大きなギャップがありましたが、なんとか進歩を果たして、Q3に進むことができました。少し予想外でしたが、僕とチームにとって良い結果でした。レースでは、早い段階で多くのポジションを失い、まとめることができませんでしたが、全体としてポジティブな収穫のある週末でした」

「自分の誕生日のためにイタリアに帰国し、ミラノで楽しい一日を過ごしました。 これから2月末に冬季テストを開始したバルセロナのトラックからスタートし、ヨーロッパでしばらく過ごします。もちろん、今回はコンディションが大きく異なり、かなり暖かくなります。それがなくても、僕が最もよく知っているヨーロッパのトラックの1つです。2020年には、F2のスプリントとフィーチャーの両方のレースで4位でフィニッシュしています」

「高速、中速、低速のさまざまな種類のコーナーとスピードを備えた非常にテクニカルなトラックです。車のリアルなテストになります。すべてのチームがコースを熟知しているので、僕たちがレースをしているミッドフィールドは非常にタイトになると思いますが、今週末はかなりうまくやれると確信しています」

「でも、毎週末本当に一貫してレースができるようになるまでには、まだまだ車の開発が必要だと思っています。バルセロナで進歩を遂げることができ、良い結果が得られ、ポイントで終えられることを願っていますが、簡単だとは思っていません」

角田裕毅 スクーデリア・アルファタウリ 2022年 スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1スペインGP / アルファタウリ