F1特集:角田裕毅のキャリアを支えたキーパーソンが語る(2)ミスを恐れず
F1公式サイトが角田裕毅を特集。『The rise of Japanese racing sensation Yuki Tsunoda』と題して、キャリアを支えたキーパーソンが語った。

今年、7年ぶりのF1ドライバーとしてアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たした角田裕毅。デビュー戦でポイントを獲得して以来、スランプに陥ったが、終盤戦は自信を取り戻し、最終戦F1アブダビGPでは自己ベストとなる4位入賞を果たしてシーズンを締めくくった。

F1公式サイトが、角田裕毅がこれまでのキャリアを通して働いた人々、そして、角田裕毅にインタビューを敢行した第2弾。
F1特集:角田裕毅のキャリアを支えた重要人物が語る(1)F1への道筋


角田裕毅はミスを恐れない。常に速く走りたいと考えており、ミスをしながら学び、成功を収めてきた。ジュニアカテゴリーではそれでよかったが、F1では、ミスをしたり、バリアにクラッシュしたり、スピンしたりするたびに、世界の目が彼に向けられる。すべてのミスは大きく報じられ、精査されるため、プレッシャーが高まる。

FIA-F3時代の所属チームであるイエンツァー・モータースポーツの創設者アンドレアス・イェンツァーは「裕毅は自分で物事を学ぶ。彼がミスを犯した場合、彼はそれがミスであったことを知っている」と語る。

「エンジニアは彼に『ブレーキを遅らせる必要があり、早くエイペックスにつく必要がある』と言う必要はない。裕毅が必要とするのは、マシンの外で物事を整理するのを手伝うことだけだ。たとえば、彼が適切な食事を摂っている、水分補給、トレーニングなどだ。だが、ドライバーとしてのシーズンでは、物事がどのように機能し、ピレリタイヤがどのように機能しているかを説明するだけだった。それ以外は、彼は火傷を負ってでも、自分自身を学びたいと思っていた」

「彼がミスを犯したとき、ミスをした自分自身にとてもイライラすrので、彼をかなり長い間放っておく必要がある。あるブリーフィングを覚えている。マシンがポールを獲得できなかったとき、私は彼に我々は5番手で満足していると言った。我々がブリーフィングを離れたとき、彼は私についてきた、そして、彼は私を引き留めて『アンドレアス、二度と5番手に満足していると僕に言わないでください。5番手や8番手に満足しているなどと言う必要はありません。あなたは僕にポールにいる必要があり、1番手になる必要があるとだけ言っていればいい、勝つために僕が一番になるようにプッシュする必要があ』と言ってきた」

「彼は3番手または5番手には満足しなかった。彼は勝ちたかった。彼が怒っているとき、ほとんどの場合、自分がすべきだと思っていた方法でパフォーマンスできなかった自分自身に腹を立てていた」

FIA-F2時代の所属チームであるカーリンの創設者トレバー・カーリンは「裕毅の最大の特徴は、彼が非常に自然に才能があることだ」と語る。

「すべてのマシンには、速く走るための様々なニュアンスと特別なトリックがある。我々のエンジニアは彼が何をする必要があるかを説明した。そして、彼の素晴らしいところは、彼はコースに出てそれをするということだ。彼は指示を非常にうまく適用する。そのようなドライバーがいると、様々なトラックで小さなことを提案し続けることができ、彼が常にそれを行う場合、彼は常に速いことを知っているので、仕事全体がはるかに簡単になる」

「10回のうち9回は、我々が行ったほとんどのトラックでマシンはかなり良かったので、彼は自分がしていることに集中でき、エンジニアリングについてあまり心配する必要はなかった。彼のアプローチはオール・オア・ナッシングだ。彼はプッシュする。彼は最大の攻撃だ。彼はそれを勝ち取ろうとしているという見方を持ってすべてのレースにアプローチしている。そのアプローチがなければ、間違った仕事をしていることになる」

だが、F1では予選Q1での1回目のアタックからクラッシュするという場面があった。

レッドブルF1のチーム代表を務めるヘルムート・マルコは「Q1で常にプッシュすることに意味はない。Q3に進むことができるマシンを持っているとクラッシュするリスクがあると彼に言った」と語る。

「ポイントは? Q2に進む必要がある。最速である必要はない。彼は、すべてのラップではなく、より技術的で、必要なときに攻撃する必要がある」

アルファタウリ・ホンダF1のチーフエンジニアである本橋正充は「F2とは大きく異なり、非常に複雑なF1ステアリングスイッチのしくみを学び始めたとき、彼のユニークな点は、F1について多くのことをすばやく学ぶだけでなく、自分で変更を加えていったことです」と語る。

「彼は私たちのエンジニアと多くのことを話し、非常に詳細に、良いフィードバックを提供しています。我々は彼がすでに非常に良いレベルにあると思っています」

角田裕毅は「F3とF2では1年しかレースをしませんでした」と語る。

「かなりプッシュしましたし、初めてトラックでのレースがたくさんありました。すぐに学びました。F1でも同じことをしています。すべてのセッションから学ぶようにしています。すべてのセッションとすべてのレースウィークで、多くのことを学んでいます。トラックが私にとって新しいときは常に最初から始めなければなりません。でも、ラップごとにディテールごとに改善しているような気がします」

アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは「裕毅は良い方向に向かっている。彼のドライビングスタイルは現代のドライビングスタイルに属している」と語る。

「そして、彼は自分が何を望んでいるかを知っている。彼はアンダーステアのマシンがあまり好きではあない。エイペックスで流れてしまうようなマシンが好きではない。彼はマシンのリアをあまり気にしない。彼がこれまでに示したものはすべてポジティブだ。もちろん、彼はクラッシュするべきではない。だが、どんなドライバーにも言っているが、私はそれをクラッシュ期間と呼んでいることだが、クラッシュは学習と開発プロセスの一部だ」



角田裕毅の特徴のひとつは、チームメイトと非常にうまくやっていける性格が挙げられる。アルファタウリ・ホンダでは、ピエール・ガスリーと素晴らしい関係を築いており、それはF2時代のユアン・ダルバラとのチームメイトとしての関係も成功したものだった。角田裕毅が入ってくると部屋は明るくなる。

本橋正充:「彼はとてもおしゃべりで、エンジニアととても仲良くしています。彼らの関係は状況によって大きく異なります。彼らは一緒に食事をしたり、一緒に話したりするとき、F1や技術的なことについて、そして、プライベートなことについても多くの会話があります」

山本雅史:「マシンに乗っていないときは、他の21歳と同じように、ゲームなどの話をしています。しかし、F1や仕事の話になると、彼は非常に真剣になります。彼は成功するために何をしなければならないかを知っています。彼は彼の年齢では非常に成熟していると思います。彼は多くの異なるシリーズを非常に迅速に経験したので、彼が急速に成熟したのは当然のことです」

ヘルムート・マルコ:「彼は面白い男であり、誰もが彼を好きだ。それは素晴らしいことだが、必要なのは一貫したスピードだ。それが重要だ。彼がF1のピエロにならないようにし、彼が最高のドライバーになることに集中していることを確認する必要がある。彼には大きな可能性があると我々は信じている。オーストリア(第9戦)で、彼はすでに(ダニール)クビアトよりも速かったので、彼を昇進させる決定は正しかった。彼はとても若いです。彼には学ぶべきことがたくさんある」

トレバー・カーリン「彼の英語は年が進むにつれて上手になり、年末までにはかなり上手になった。当初、彼は少しシャイで静かだったが、それは言葉の壁もあった。シーズン後半までに、エンジニア、メカニック、そしてチーム全体が、裕毅とかなり楽んでいた。全員が仲が良かった。本当に一日中ふざけあっていた」

角田裕毅:「アルファタウリは最初から自分に合ったチームでした。彼らはイモラでの最初のテストから本当にフレンドリーでした。彼らはいつもおしゃべりです。そして、僕にとって、それはうまくいきます。チームの全員が大好きです。だから、ミスをするとより恥ずかしい思いをします。ミスをそうと『ごめん』と言います。僕の焦点はチームとの関係を構築することです。僕は彼らにふさわしい結果を与える必要があります」



角田裕毅のデビューシーズンで話題になったことに無線でのコミニュケーションがある。初期のレースでは、エンジニアを罵倒するような暴言を吐き、「落ち着く」ように伝えられるのをよく耳にしたが、後半になるとその頻度が減っていった。

角田裕毅は、落ち着きを保つことが自分の弱点であると認めている。そのようなシャウトな無線メッセージは、彼のキャリアを通してそれが弱点であった理由を説明している。

アンドレアス・イェンツァー:「彼のチームラジオは、我々にとって最初は本当に惨事だった。彼は今では少なくとも80%は落ち着いていると思う。酷くなってくると『OK、我々はラジオのプラグを抜く。運転に集中しろ』と言った。我々はいつも、彼の気性は人に向かって叫ぶためではなく、マシンを運転するためにエネルギーを使うべきだと言っていた。彼はラジオで感情的になりすぎて、欲求不満をコントロールするのに苦労した。だが、それは改善した」

本橋正充:「チームラジオで時々使う言葉はF1への情熱から来ていると思います。もう少しジェントルにした方がいいかもしれません! 彼はいつもそうなわけではなく、バイザーが下がっているときのチームラジオだけです。それ以外のときは、彼はとてもクールです」

山本雅史:「ラジオは彼の情熱を示しています。彼は自分の感情に非常にまっすぐであり、それは理解できます。しかし、彼はチームを率いる必要のあるドライバーでもあるので、ラジオを聞いたチームメンバーの気持ちを考えなければなりません。私はそれについて彼に話しました。そして、彼はそれを理解したと思います。彼はまだとても若い。経験が必要です」

ヘルムート・マルコ:「彼の言語はあまり日本的ではない。それは日本で悪い評判を与えている。彼がその意味を知っているかどうかはわからない」

トレバー・カーリン:「裕毅は怒って欲求不満になるが、すぐに乗り越える。我々が見たそれは最大のこと、そして、F1で少し目にしているのは、彼をブロックしたり、彼を切り刻んだり、コース上でひどく運転をする人々に巻き込まれたときだ。それは本当に彼を苛立たせる、そして、彼はそれをラジオで発散する。その後、他のドライバーについてのチャットがあった。『オーケー、裕毅。我々はそれについてすぐに話をする。集中してくれ』。彼は現在ラジオで見ているようなドラマはあまりなかった」

角田裕毅:「後悔しています。僕はいつも自分の言うことをコントロールしようとしますが、難しいこともあります。頑張っています。いつも改善したいと思っています」

フランツ・トスト:「彼に『これは言うな。あなたのイメージに良くない。チームにも良くない。静かにしていろ』と言うことはできる。彼はバイザーを閉じ、マシンの中に座って、問題を抱えている。どんな理由であれ、彼は動揺ている。人々は、これがF1カーであることを理解しなければらない。ドライバーからの攻撃があるに違いない。。ただ転がっているだけではない。彼らはアドレナリンを持っている必要がある。そうでなければパフォーマンスを示すことはできない。私は彼にそれをしないように要求するだろう。彼は自分自身に叫ぶことができる。ラジオのスイッチを入れずにね。それは彼を傷つけ、そしてそれはチームを傷つける」

Yuki Tsunoda

角田裕毅のキャリアには、ミスを振りかけながらゆっくりと新しいチャンピオンシップをスタートし、アプローチを引き締めて周囲に適応するというパターンが形成されている。それはF1にも当てはまるようで、イスタンブールとオースティンはターニングポイントとなった。彼はかなり落ち着いており、ラジオで叫ぶようなことは今ではほとんどなくなかった。

2022年の課題は、レッドブル、ホンダ、そして、日本からの高い期待だけでなく、彼にとってさらに重要なこととして、彼自身の目標を実現する機会を最大限に活用することだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ