アルファタウリ・ホンダF1 「角田裕毅はすでにマシン開発に貢献している」
アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは、ルーキーの角田裕毅がすでにチームのマシン開発に貴重な貢献をしており、新しい質問やアイデアを提起していると語る。

角田裕毅は、先月末にF1バーレーンGPでグランプリデビューを果たし、F1に到達した最新のレッドブルジュニアプログラムの最新のドライバーとなった。13番グリッドからスタートした角田裕毅は印象的なオーバーテイクを連発して9位まで挽回して2ポイントを獲得してレースで感銘を与えた。

以前、アルファタウリ・ホンダF1は、角田裕毅のチームメイトであるピエール・ガスリーのF1経験は開発の方向性をリードしており、2021年に重要な役割を果たすと話していた。

アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは、経験豊富なドライバーとルーキーのバランスは、多くのライバルとは“異なるシナリオ”ではあるものの、角田裕毅はすでにピエール・ガスリーをうまく補完していると語った。

「ピエールは昨年のリファレンスを持っており、何が変わったのか、何が良くなったのか、何が悪くなかったのかを詳細に終えてくれる。それは良い部分だ」とジョディ・エギントンは語った。

「それは相関関係と組み合わされて、裕毅が抱くかもしれない潜在的ないくつかの質問に答えるのに役立つ。我々は『大丈夫、それは期待されていることだ。それは予想されていないことだから、それに取り組むつもりだ』と言える。それで、それは船を少し安定させる」

「同時に、角田は『OK、それは非常に興味深い考えだ』と言える質問をいくつか投げかけてくる。彼がマシンを運転する方法はピエールとは少し異なり、それは他のいくつかの質問を切り開く」

「本当にちょっとしたミックスだ。重要なポイントは、彼には貢献できるスピードがあることだ」

わずか3年前は全日本F4選手権に出場していた角田裕毅は、F1まで急速に上り詰めた。

昨年のFIA-F2での印象的なルーキーシーズンで、角田裕毅はチャンピオンシップで3位でフィニッシュし、広範なプライベートテストプログラムの支援を受けてF1昇格を獲得しまた。

ジュディ・エギントンは、角田裕毅が初のグランプリウィークエンドでの適応性と学習意欲を証明したことに感銘を受けたと語る。

「彼のスピードはF2から疑う余地はなかった」とジョディ・エギントンは語った。

「彼はこのショットに値する。他の若いドライバーがF1の世界にやってくるように、彼は非常に急な学習曲線に乗っているが、彼はそれを段階的に進めている」

「彼は多くの情報を吸収しているし、コミュニケーションもうまくいっている。我々は彼がマシンに何を求めているかを理解している。彼はエンジニアリングチームとうまく連携している。彼は素早い学習者だ」

「バーレーンではいくつかの浮き沈みがあった。彼は非常に速かった。マシンにいくつかの小さな問題があったが、彼は難なく切り抜けた。それは誰にとってもそうであるように、彼にとってフラストレーションが溜まることだった。それが彼にとってイライラするものだった場合、実際には心配なことだが、彼はそれから立ち直った」

「チーム内の若いスタッフとともに本当に新鮮だ。私は挑戦をとても楽しんでいる、そして、チームはそれが得意だ。うぬぼれではなく、チームは若いドライバーと仕事をするのが得意だ」

「浮き沈みはありますが、彼はそ結果を出している。我々はミッドフィールドにしっかりといるので、それは重要なことだし、良いことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ