ウィリアムズF1 「アウディのF1参戦が確定したら話し合いの場を設ける」
ウィリアムズF1は、アウディとの提携について“話し合い”の準備をしている。

フォルクスワーゲン・グループから2026年のF1プロジェクの承認を受けたアウディは、アストンマーティンとアルファロメオ(ザウバー)と交渉したと噂されている、また、チーム買収の噂のあったマクラーレンについては、ザク・ブラウンが“非売品”だと主張している。

だが、フォルクスワーゲンにいたヨースト。カピートが率いるウィリアムズF1にとっては別の話かもしれません。フォールクスワーゲン時代、チーム代表を務めたヨースト・カピートはWEC(世界ラリー選手権)を支配しました。

マクラーレンに移籍したヨースト・カピートは、ウィリアムズF1が創業一家からドリルトン・キャピタリに買収されたわずか数か月後の2022年に終わりにマクラーレンからウィリアムズに移籍した。

アウディの噂について尋ねられたとき、ヨースト・カピートは「すべてのチームにとって自動車メーカーと協力することは興味深いことだ」とAuto Bildに語った。

フォルクスワーゲンの取締役会は、ポルシェとアウディの両方の別々のF1プロジェクトを承認している。

「それが本当に確定したら、我々も話し合いの場を設けるだろう」とヨースト・カピトは言った。

「しかし、まだ決定的な方向性はなく、エンジンレギュレーションもまだ決定されていない。私の知る限り、フォルクスワーゲン・グループの決定はエンジンレギュレーションにも依存している。

「それは今後数週間で通過すると思う。その後、見てみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / フォルクスワーゲン / アウディ