F1 ウィリアムズ ロバート・クビサ
ウィリアムズは、ロバート・クビサを2019年のF1ドライバーとして起用することを正式発表した。

ウィリアムズは11月22日(木)にロバート・クビサを2019年のF1ドライバーとして起用することを発表。2019年はルーキーのジョージ・ラッセルとロバート・クビサという新体制でシーズンに挑む。

ロバート・クビサは「まずこの数年間にわたる僕の人生の困難な時期に僕を手助けしてくれた皆さんに感謝したい」とコメント。

「F1グリッドに戻ることはチャレンジングな旅路だった。ほとんど不可能だと思われたことだけど、今では可能だと感じ始めているし、自分が2019年にF1グリッドに並ぶと言えることに興奮している」

「確かにこれまでは長い道のりだったが、そのチャレンジはこの発表でようやく終わりを迎え、ウィリアムズとコース上で仕事をするという新たなチャレンジが始まる」

「簡単ではないだろうけど、ハードワークと献身を重ねて、ジョージと僕の二人でグリッドでの順位を上げられるようにチームを良い状態にするために協力していくつもりだ」

「今年は厳しい一年だったが、多くのことを学んだ。この機会を与えてくれたフランク卿とクレアに感謝したい」

「来シーズンのF1グリッドに戻ることは僕の人生で最大の成果のひとつだし、ハードワークとコミットメントで一緒に良い結果を達成するためにチームにモチベーションを与える手助けができると確信している。改めて僕を信じてサポートしてくれた皆さんに感謝したい。やっとF1カーの戻れる。レースに戻るのが待ち切れない」
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは「2019年にロバートがジョージのパートナーとしてレースドライバーの役割にステップアップすることを発表できて嬉しく思います」とコメント。

「ウィリアムズの全員が彼が達成してきたことに非常に感銘を受けています。F1への復帰は彼の人間性の強さと粘り強さへの大きな信用です」

「今シーズン中の彼のチームへのコミットメントと舞台裏で取り組んできた仕事は揺るぎないものでした。彼はウィリアムズ・チームのメンバーとして確立し、非常に尊敬されるメンバーになりました。彼には目に見えるほどの決意があります。彼は本当にウィリアムズのファイティングスピリットを体現しています。この新しい役割へとステップアップするロバートの一貫性を得られることは、フィールドの上位へ返り咲くために戦おうとしている我々にとって重要なステップです」

「201年に我々を導く若手と経験の組み合わせにも興奮していますし、コース上で彼らがどのうなことを達成してくれるか楽しみにしています」

「また、チャレンジングなシーズンにおけるランスとセルゲイのハードワークにも感謝しています。彼らの今後のキャリアでの活躍を祈っています」

2006年にBMWザウバーでF1デビューを果たしたロバート・クビサだったが、ロータスに所属していた2011年のプレシーズンに参戦したラリーでクラッシュ。右腕に切断寸前の重傷を負い、76戦、1勝、12回の表彰台、1回のポールポジションという成績でF1の表舞台から姿を消した。

その後、リハビリを続けたロバート・クビサは、レース界に復帰して2014年からはWRCに参戦。2016年にサーキットレースへの復帰を果たし、2017年にルノーのプライベートテストで6年ぶりにF1マシンをドライブ。2017年にルノーのプライベートテストでF1マシンに戻り、ハンガリーテストでルノーの最新マシンをドライブ。しかし、カルロス・サインツの加入によってルノーのF1シート獲得は叶わなかった。

だが、その後、ウィリアムズの2018年のドライバー候補に浮上。アブダビテストではウィリアムズのマシンをドライブしたが、最終的にチームはセルゲイ・シロトキンとの契約を決断。ロバート・クビサはリザーブドライバーとして公式テストとフリープラクティスで走行していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ロバート・クビサ