ウィリアムズ F1 シンガポール 2016
ウィリアムズは、F1シンガポールGP初日のフリー走行で、フェリペ・マッサが14番手タイム、バルテリ・ボッタスが15番手タイムだった。

フェリペ・マッサ (14番手)
「シンガポールの初日を理解するのは常にトリッキーだ。ここではタイヤを理解するためにいつもハードに仕事をしなければならない。ショートランでクルマを改善するためにはやらなければならないことがたくさんある。特に新品タイヤでね」

「ロングランの感触は良かったので、僕たちはかなりコンペティティブだと思うけど、他のクルマがどれくらい燃料を積んでいたのかはわからない。ここはオーバーテイクが難しいので、明日とレースのことを考えると、もっと重要なのはタイヤをもっとよく理解することだ」

バルテリ・ボッタス (15番手)
「トリッキーな一日だった。今日は一日中クルマのバランスに苦しんだし、満足して終えることはできなかった。今日は異なる種類のテストやセットアップ変更をやってクルマを機能させようとしたけど、難しかった」

関連:
F1シンガポールGP フリー走行2回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム
F1シンガポールGP フリー走行1回目:マックス・フェルスタッペンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ | F1シンガポールGP