ウィリアムズの2020年06月のF1情報を一覧表示します。

「ウィリアムズF1には技術面のリーダーが必要」とパトリック・ヘッド

2020年6月30日
「ウィリアムズF1には技術面のリーダーが必要」とパトリック・ヘッド
ウィリアムズF1の共同創設者であるパトリック・ヘッドは、チームが崖っぷちから這い上がるには技術面のリーダーシップを強化する必要があると語る。

パトリック・ヘッドは1977年にフランク・ウィリアムズとともにチームを結成。その後27年間にわたってエンジニアリングおよびテクニカルディレクターを務め、ウィリアムズF1は7つのドライバータイトルと9つのコンストラクターチャンピオンシップを獲得した。

ウィリアムズF1 「チーム売却計画は存続のためではなく発展のため」

2020年6月29日
ウィリアムズF1 「チーム売却計画は存続のためではなく発展のため」
ウィリアムズF1の副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、チームを売りに出すという決定は、現金の流入なしでは生き残ることができないからではなく、チームの運命を変えるためのまったく新しいアプローチがベースとなっていると語る。

ウィリアムズF1でチーム史上最悪のシーズンを迎えている。2019年は1ポイントしか獲得できずに最下位でシーズンを終え、2019年だけでも1,300万ポンドの損失を抱えた絶望的な財政状況に陥っている。

ウィリアムズF1、FW43の新カラーリングを公開…ネイビーが復活

2020年6月26日
ウィリアムズF1、FW43の新カラーリングを公開…ネイビーが復活
ウィリアムズF1は、2020年F1マシン『FW43』の新カラーリングを公開。チームの伝統カラーであるネイビーが復活した。

2019年にモバイル通信企業のROKiTとタイトルスポンサー契約を結んだウィリアムズF1は、伝統のネイビーを捨て、新たにライトブルーのカラーリングを採用。今季マシンにはROKiTのコーポレートカラーであるレッドがフィーチャーされていた。

ウィリアムズF1、6月26日にFW43の新カラーリングを発表

2020年6月26日
ウィリアムズF1、6月26日にFW43の新カラーリングを発表
ウィリアムズF1は、6月26日(金)の現地時間9時(日本時間17時)に2020年F1マシン『FW43』の新カラーリングを発表する。

2019年にモバイル通信企業のROKiTとタイトルスポンサー契約を結んだウィリアムズF1は、伝統のネイビーを捨て、新たにライトブルーのカラーリングを採用。今季マシンにはROKiTのコーポレートカラーであるレッドがフィーチャーされていた。

ウィリアムズF1、新カラーリングでは伝統のネイビーが復活?

2020年6月25日
ウィリアムズF1、新カラーリングでは伝統のネイビーが復活?
ウィリアムズF1は、今後数日でFW43の新しいカラーリングを発表すると考えられており、伝統のネイビーが復活すると予想されている。

2019年にモバイル通信企業のROKiTとタイトルスポンサー契約を結んだウィリアムズF1は、伝統のネイビーを捨て、新たにライトブルーのカラーリングを採用。今季マシンにはROKiTのコーポレートカラーであるレッドがフィーチャーされていた。

メルセデスF1、ROKiTとスポンサー契約との報道

2020年6月25日
メルセデスF1、ROKiTとスポンサー契約との報道
メルセデスF1が、今年ウィリアムズF1とのタイトルスポンサー契約を解消したROKiTと新たなスポンサー契約を締結すると報じられている。

先月、ウィリアムズF1は2019年からタイトルスポンサーを務めていたモバイル通信企業のROKiTとの契約を終了することを発表したが、現時点では特定の理由は明らかにしていない。

ニコラス・ラティフィ 「チームのF1シミュレーターはゲームとは全然違う」

2020年6月20日
ニコラス・ラティフィ 「チームのF1シミュレーターはゲームとは全然違う」
ニコラス・ラティフィは、ウィリアムズF1のファクトリーを訪れて開幕に向けて本格始動。チームの本格的なF1シミュレーターは、ロックダウン中に多くの時間を費やしたF1公式ゲーム『F1 2019』とは“全然違う”と語った。

来月の2020年のF1世界選手権の開幕にむけて、F1チームは準備を進めている。ファクトリーは、新型コロナウイルスの世界的な大流行によって7週間にわたって強制的に閉鎖されていたが、再び稼働を再開している。

ザナルディ 「ウィリアムズF1はたった4戦で私を信じなくなった」

2020年6月19日
ザナルディ 「ウィリアムズF1はたった4戦で私を信じなくなった」
アレックス・ザナルディは、F1キャリアで最後のシーズンとなった1999年のウィリアムズF1での時間を振り返り、チームはわずか4戦で彼を信じなくなったと語った。

1991年から1994年にかけてジョーダン、ミナルディ、ロータスでF1を戦ったアレックス・ザナルディは、アメリカにわたってCARTで2年連続でチャンピオンを獲得した後、1999年にウィリアムズでF1復帰した。

F1を目指すジェイミー・チャドウィック 長期的な財政支援を確保

2020年6月17日
F1を目指すジェイミー・チャドウィック 長期的な財政支援を確保
ウィリアムズF1の開発ドライバーを務めるジェイミー・チャドウィックは、モータースポーツキャリアを次のレベルに押し上げ、最終的にF1へと到達するという夢を実現するための財政的な支援を獲得した。

昨年、Wシリーズの初代チャンピオンに輝いたジェイミー・チャドウィックは、ロダン・カーズの創設者であるオーストラリアの実業家デビッド・ディッカーから財政的なサポートを得て、イタリアの名門プレマからフォーミュラ・リージョナル・ヨーロピアン選手権に参戦することが決定した。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム