メルセデスF1、ROKiTとスポンサー契約との報道
メルセデスF1が、今年ウィリアムズF1とのタイトルスポンサー契約を解消したROKiTと新たなスポンサー契約を締結すると報じられている。

先月、ウィリアムズF1は2019年からタイトルスポンサーを務めていたモバイル通信企業のROKiTとの契約を終了することを発表したが、現時点では特定の理由は明らかにしていない。

ウィリアムズF1の副チーム代表を務めるクリア・ウィリアムズは「詳細については詳しく説明できません」と5月にROKiTとの契約を解消した際に語っている。

「私が言えることは、ROKiTに対する契約上の義務をすべて満たしたということです。」

一方、ROKiTは、ベンチュリー・フォーミュラEチームやWシリーズのすべてのマシンへのスポンサーシップなど、モータースポーツ活動への取り組みを継続すると主張していた。

ウィリアムズF1は、チームの運用をサポートするための追加の資金を調達する方法を模索することを発表。これはチームの一部の売却、さらには支配権を含めた全体を売却する可能性も綱領されている。

ROKiTとの契約解消はウィリアムズF1の財政状況に痛手となった。年間2500万ドルと推定されるタイトルスポンサー契約は2023年まで延長されていた。

しかし、多くの情報源によると、ROKiTがメルセデスF1と新たなスポンサー契約を結んだと報道。このレポートにウィリアムズF1の情報筋は怒りをもって取材に答えている。

「長い間一緒に働いてきたチームが、何が起こったのかを知っているスポンサーと契約を結ぶだろうことに本当にショックを受けている」とウィリアムズF1の関係者は Racefans.net に語った。

報道によると、ウィリアムズF1はこの取引をブロックし、ROKiTの名前が早ければ来月のオーストリアグランGPからメルセデスF1のマシンに表示されることを阻止するための法的措置を検討しているという。

ウィリアムズF1がライバルチームに主要スポンサーを奪われたのはこれが初めてではない。2019年にはマクラーレンにユニリーバを奪われ、ロバート・クビサの離脱によってポーランドの燃料およびエネルギー企業のPKNオレーンは、アルファロメオF1に持っていかれている。

ROKiTは、ウィリアムズF1との契約解消以降、ハースやレーシング・ポイントを含めたいくつかのチームとスポンサー契約について話し合ったと理解されている。

メルセデスF1自体はROKiTとの交渉を確認しておらず、多くの利害関係者との将来のパートナーシップの可能性について話し合っていることだけを認めている。

メルセデスF1の広報担当者は「ROKiTや他のブランドとの関係を問わず、機密の商業的議論についてコメントを提供することはできない」と語っている。

メルセデスF1の現在のスポンサーには、ペトロナス、BOSS、モンスターエナジー、INEOSなどがある。チームは、来年施行される新しい1億4500万ドルの予算上限の導入に先立ち、独自の財政状況を強化することを目指している。

メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、チームを収益性のあるものにすることは、F1を継続するかどうかに関するダイムラーの決定を事実上“非常に簡単”なものにすると以前に述べている。

「マーケティングは巨大であり、投資収益率は簡単なものでなければならない」とトト・ヴォルフは説明する。

「アメリカのスポーツリーグでは、NFLまたはNBAのほとんどが収益性の高いフランチャイズであることがわかる。これはこのようなコーポレート企業に変えることが私の個人的な目標であり、パートナーとの個人的な貢献だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ウィリアムズ / F1スポンサー