ウィリアムズの2020年05月のF1情報を一覧表示します。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1が若手を乗せることを願っている」

2020年5月30日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1が若手を乗せることを願っている」
メルセデスF1と育成契約を結んでウィリアムズからF1に参戦しているジョージ・ラッセルは、メルセデスF1がルイス・ハミルトンの次のチームメイトとしてフェラーリのように若手ドライバー = 自分を昇格させることを望んでいると語る。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスがルイス・ハミルトンと素晴らしいパートナーシップを結成しているにも関わらず、次のパートナーを内部で探すことを望んでいることを認めている。

ウィリアムズF1、ROKiTとのスポンサー契約終了で新カラーリングを準備

2020年5月30日
ウィリアムズF1、ROKiTとのスポンサー契約終了で新カラーリングを準備
ウィリアムズF1は、ROKiTとのタイトルスポンサー契約を終了した後、F1シーズンが始まる前に新しいカラーリングを公開する予定としている。

名門ウィリアムズF1は5月29日(金)、チーム売却の手続きを開始するという衝撃的なニュースを発表。同時に2023年末まで予定されていたROKiTとのタイトルスポンサー契約を終了したことを発表した。

ウィリアムズF1、チーム売却の手続き開始を発表

2020年5月29日
ウィリアムズF1、チーム売却の手続き開始を発表
ウィリアムズF1は、チーム売却の手続きを開始したことを発表。“2021年に始まるF1の新たな時代をうまく利用するため適切な位置付け”を確保するための“新しい戦略的方向性”を追求するため、象徴的なF1チームの少数株主または過半数株式の売却を検討していると述べた。

ウィリアムズF1は、2シーズン連続でコンストラクターズ選手権を再開の10位で終え、F1からの商業収益にマイナスの影響を与えた。

ジョージ・ラッセル 「同世代のF1ドライバーへの嫉妬はある」

2020年5月17日
ジョージ・ラッセル 「同世代のF1ドライバーへの嫉妬はある」
ウィリアムズのF1ドライバーを務めるジョージ・ラッセルは、2021年にトップチームでF1を戦う同世代のドライバーたちに“嫉妬”を感じていることを認める。

今週、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ離脱をきっかけに、カルロス・サインツのフェラーリ移籍、ダニエル・リカルドのルノーからマクラーレンへの移籍など、上位チームのドライバー体制に大きな変動が起こった。

ウィリアムズF1、元マクラーレンCOOのサイモン・ロバーツが加入

2020年5月12日
ウィリアムズF1、元マクラーレンCOOのサイモン・ロバーツが加入
ウィリアムズF1チームは、元マクラーレンのCOO(最高執行責任者)のサイモン・ロバーツがマネージングディレクターに就任することを発表した。

サイモン・ロバーツは6月1日からウィリアムズF1での仕事を開始し、チームのCEOであるマイク・オドリスコルの直属として、設計および開発プロセス、レース、ファクトリー運営、プランニングに関するF1プロジェクト全体の責任を負うことになる

ウィリアムズF1 「レースを再開しなければ多くのF1チームが消滅する」

2020年5月10日
ウィリアムズF1 「レースを再開しなければ多くのF1チームが消滅する」
ウィリアムズF1チームの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、F1がすぐにレースを再開しなければ“多くのチームが消滅する”可能性があると警告する。

F1は、2020年の第1四半期決算を発表し、売上高が前年同期間比で84%減少していることが明らかになった。レースは早くても7月まで開催できず、第2四半期の財務はあらゆる面で暗い。

F1:ウィリアムズとハースが新型コロナウイルスの影響で消滅の危機?

2020年5月2日
F1:ウィリアムズとハースが新型コロナウイルスの影響で消滅の危機?
新型コロナウイルスによる財政危機によって少なくとも2つのF1チーム - ウィリアムズとハース -が存続の危機に立たされていると元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは語る。

新型コロナウイルスの世界的な大流行によって、F1は7月までの10戦の中止・延期が決定。レース開催による収益が得られない状況が続いており、F1チームは63日間のファクトリー閉鎖を余儀なくされている。

アイルトン・セナのホンダF1への忠誠心がウィリアムズ移籍を阻んだ

2020年5月2日
アイルトン・セナのホンダF1への忠誠心がウィリアムズ移籍を阻んだ / F1回顧録
アイルトン・セナは1992年にウィリアムズと契約を結ぶ準備ができていたが、ホンダに対する忠誠心のためにマクラーレンにとどまった。

1992年のF1世界選手権では、ナイジェル・マンセルが当時の最強マシン『FW14B』で悲願のF1ワールドチャンピオンを獲得した。だが、マネージャーを務めていたジュリアン・ジャコビは、土壇場でのセナの心変わりがなければ、1992年にマンセルはウィリアムズをドライブしていなかったと語る。

F1マシン列伝:ウィリアムズ FW14B “史上最強ハイテクマシン”

2020年5月2日
F1マシン列伝:ウィリアムズ FW14B “史上最強ハイテクマシン”
ウィリアムズF1チームの1992年マシン『FW14B』は、セミオートマチック・ギアボックス、アクティブサスペンション、トラクションコントロールで武装した“史上最強ハイテクマシン”として語り継がれている。

レイトンハウスを解雇されたエイドリアン・ニューウェイを招聘したウィリアムズは、1991年にニューウェイとパトリック・ヘッドの共同体制での第1作目となる『FW14』を生み出す。ノーズ先端が持ち上げられ、コクピット開口部はドライバーの肩が露出するニューウェイ独特の5角形デザインとなった。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム