ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1が若手を乗せることを願っている」
メルセデスF1と育成契約を結んでウィリアムズからF1に参戦しているジョージ・ラッセルは、メルセデスF1がルイス・ハミルトンの次のチームメイトとしてフェラーリのように若手ドライバー = 自分を昇格させることを望んでいると語る。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスがルイス・ハミルトンと素晴らしいパートナーシップを結成しているにも関わらず、次のパートナーを内部で探すことを望んでいることを認めている。

メルセデスF1と育成契約を結んでウィリアムズからF1に参戦しているジョージ・ラッセルは、メルセデスF1がルイス・ハミルトンの次のチームメイトとしてフェラーリのように若手ドライバー=自分を昇格させることを望んでいると語る。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスがルイス・ハミルトンと素晴らしいパートナーシップを結成しているにも関わらず、次のパートナーを内部で探すことを望んでいることを認めている。

ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1のジュニアドライバープログラムを卒業しており、チームと密接な繋がりを持っている。

そのため、ジョージ・ラッセルは、フェラーリF1がシャルル・ルクレールを起用したように、メルセデスF1もチャンスを与えてくれることを切望していると語る。

「メルセデスは、理由もなくジュニアプログラムを運営しているわけではない」とジョージ・ラッセルは Sky Sports に語った。

「レッドブルやフェラーリと同じようにね。全体の目標は、ドライバーを育成してメインチームに入れることだ」

「もちろん、タイミングについても重要だ。チームごとに2つのシートしかないからね。メルセデスでは明らかにルイスにビジネスを任せているし、彼とバルテリは過去2年間でチャンピオンシップに勝った素晴らしいペアだ」

「だから、彼らの一部にはどうして僕たちが帰る必要があるのかと考える人たちがいるはずだ」

「でも、その一方で、カルロスとシャルルを起用するフェラーリのようなチームも出始めている。間違いなく、彼らは次の4、5、6年はペアを組むだろうし、マクラーレンでのダニー(リチャド)とランド(ノリス)そして、レッドブルでのマックス(フェルスタッペン)とアレックス(アルボン)も間違いなくそうだと思う」

「そのような安定性を持つことは企業にとって非常に重要だと思う。これらのチームが未来をも据えているのを見るのは素晴らしいことであり、次はどこのチームがそうするか見てみよう」

ジョージ・ラッセルが述べたように、多くのチームが若手ドライバーに大きな信頼を寄せ始めており、その多くは数年を経て成熟度を示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / メルセデス