ウィリアムズF1、チーム売却の手続き開始を発表
ウィリアムズF1は、チーム売却の手続きを開始したことを発表。“2021年に始まるF1の新たな時代をうまく利用するため適切な位置付け”を確保するための“新しい戦略的方向性”を追求するため、象徴的なF1チームの少数株主または過半数株式の売却を検討していると述べた。

ウィリアムズF1は、2シーズン連続でコンストラクターズ選手権を再開の10位で終え、F1からの商業収益にマイナスの影響を与えた。

さらに新型コロナウイルスのパンデミックにより、 2020年のシーズンが始まり、ビジネスへの財政的圧力が高まった。

「この新しい戦略的方向性の一環として、WGPH(ウィリアムズ・グランプリ・ホールディングス)理事会は、当社が利用できるさまざまな戦略的オプションすべての見直しを行っています」とウィリアムズは声明で述べた。

「検討されているオプションには、ビジネスのための新しい資本の調達、WGPHの少数株主持分の売却、または会社全体の売却の可能性を含むWGPHの過半数持分の売却が含まれますが、これらに限定されません」

「最適な結果についての決定はまだ行われていませんが、関係者との話し合いを容易にするために、会社は“正式な販売プロセス”の開始を発表します」
ウィリアムズF1は、戦略的レビューを支援し、利害関係者との連絡窓口となるため、共同の財務アドバイザーを任命したと述べた。

「この発表の時点では、当社はいかなるアプローチも受けておらず、当社への投資の可能性について少数の関係者との予備的な協議中であることを確認しています」

「申し出が行われるかどうか、または申し出が行われる条件については確実ではありません。WGPH理事会は、いつでもプロセスを変更または終了する権利を留保し、そうの場合は、適宜発表します。また、WGPH理事会はいかなるアプローチも拒否する、もしくは利害関係者との議論をいつでも終了する権利を留保します。

「当社は多くの課題に直面しましたが、ウィリアムズは現在資金が供給されており、2020年にカレンダーが許可するときにレースを再開する準備ができています。WGPH理事会は、戦略的レビューと正式な販売プロセスは、あらゆる選択肢を検討し、F1チームを将来に向けて可能な限り最高の立場に置くために時間をかけて実行するための適切かつ慎重な行動であると信じています」

ニュースは、ウィリアムズF1が、前年の1,600万ポンドの利益から1,300万ポンドの損失を報告した2019年の決算を発表した日に発表された。グループの収益は、2018年の1億7,650万ポンドから2019年には1億6,020万ポンドに減少した。

F1チームの収益は、2018年の1億3,070万ポンドから9,540万ポンドに減少した。2018年の収益は1,600万ポンドだったが、1010万ポンドの損失があった。

ウィリアムズは発表の中で、タイトルスポンサーのRokitおよび主要スポンサーのRok Drinksとの関係を終了することを選択したことも明らかにした。

「2019年の決算は、最近のF1事業の競争力の低下と、その結果としての商業的権利収入の減少を反映しています」と最高経営責任者のマイク・オドリスコルは述べた。

「FIA F1コンストラクターズ選手権での4年間の非常に堅実なパフォーマンスの結果、3位と5位で2位のフィニッシュを獲得した後、いくつかの非常に難しいシーズンに耐えた。過去9か月間に大幅な再編を実施し、テクニカルリーダーシップチームを強化した」

「2020年のF1シーズンはもちろん新型コロナウイルスのパンデミックにより中断されており、今年の商権収入に影響を与えます。チームはまた、タイトルパートナーであるROKiTおよび主要スポンサーであるROK Drinksとの関係を終了する通知を出しました」

「他の多くの企業と同様に、私たちは、多くのスタッフの長期的な一時解雇期間を含む、緩和するために広範な行動をとってきました。この恐ろしい世界的危機が後退するにつれ、ウィリアムズレーシングの全員が新しいシーズンの始まりを楽しみにしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ