ウィリアムズF1 「レースを再開しなければ多くのF1チームが消滅する」
ウィリアムズF1チームの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、F1がすぐにレースを再開しなければ“多くのチームが消滅する”可能性があると警告する。

F1は、2020年の第1四半期決算を発表し、売上高が前年同期間比で84%減少していることが明らかになった。レースは早くても7月まで開催できず、第2四半期の財務はあらゆる面で暗い。

皮肉なことに、スポーツで最も成功したチームの2つであるマクラーレンとウィリアムズは、現在、財政面で最も声高であり、近い将来の予算上限をできる限り低い限度に引き下げるための活動をリードしながら、再びレースをすることを切望している。

ただし、予算上限が1億4500万ドル、1億ドル、4500万ドルに設定されているかどうかに関係なく、レースがないことは収入がないことを意味する。

クレア・ウィリアムズはスカイスポーツのビデオポッドキャストで「レースが復活しなければ、チームを1、2だけでなく、非常に多くのチームが消滅する可能性があるのは恐ろしいことです。我々のスポーツのビジネスモデルは、コンストラクターズチャンピオンシップの結果から得られる資金に非常に依存しています」と新型コロナウイルスによりチーム存続の危機に直面していることを明かした。

ただ、一方で「チーム存続のためにレースに復帰する必要性と、関係者の安全を確保するという非常に重要な現実とのバランスを取る必要があります」とクレア・ウィリアムズは語る。

「私にとって、最終的に従業員に勝るものはありません。チームに負担がかからない方がいいのは確かですが、グローブで働いてもらうか、もしくは旅行を求めるかに関わらず、従業員の安全が絶対に最優先です。そうすることが適切になるまで、人々をレースに戻すことはないのは確かです」

「F1が取り組んでいる仕事はわかっています。彼らは我々にレースに戻り、それを安全に行えるようにするために何ができるかについてかなりの時間とエネルギーを費やします」

「彼らは、あらゆる可能性において必要な健康と安全の規制を定め、実際にレーストラックに戻るまでに我々全員が完全に正しい方法でそれを行えるよう取り組んでいます」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ