ウィリアムズF1、ROKiTとのスポンサー契約終了で新カラーリングを準備
ウィリアムズF1は、ROKiTとのタイトルスポンサー契約を終了した後、F1シーズンが始まる前に新しいカラーリングを公開する予定としている。

名門ウィリアムズF1は5月29日(金)、チーム売却の手続きを開始するという衝撃的なニュースを発表。同時に2023年末まで予定されていたROKiTとのタイトルスポンサー契約を終了したことを発表した。

ウィリイムズF1の副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、ROKiTとのタイトルスポンサー契約を終了した理由を詳しく説明していないが、決して契約違反のようなものがあったわけではないと語った。

「詳細について詳しく説明することはできません。私が言えることは、ROKiTに対する契約上の義務はすべて満たしているということだけです」とクレア・ウィリアムズは語った。

ウィリアムズF1は、昨シーズン初めにROKiTとのタイトルスポンサー契約を開始し、今年はカラーリングをさらに調整し、ライトブルー、レッド、ホワイトのカラーリングに切り替えた。

しかし、今回のROKiTとのタイトルスポンサー契約終了により、ウィリアムズF1は、レースが再開した場合に新しいカラーリングを使用することになると語った。

「当然ながら、7月が期待されている我々が再びレースをしに行くときにはカラーリングを検討しなければなりません」とクリア・ウィリアムズはコメント。

「F1は7月5日に照準を合わせています。レーストラックに到着する前に新しいカラーリングを発表します」

ROKiTとのタイトルスポンサー契約の終了は短期的にはウィリアムズF1にとって理想的ではないが、クリア・ウィリアムズはある時点でチームが新たなタイトルスポンサーを見つけることができることに楽観的だと語った。

ウィリアムズF1は、最近、スポーツおよびエンターテインメント機関である1920 Worldwideと提携しており、チームの商業プログラムの開発を支援することが前進するための鍵であると考えている。

「我々は素晴らしい方法でパートナーを大切にしていけると非常に感じています。長年にわたって多くの証拠があり、長期的にはウィリアムズのパートナーの多くがチームに残っています」とクリア・ウィリアムズはコメント。

「また、過去3か月の間に当社の商業的提案に関するまったく新しいプロセスを導入しました。我々は新しい代理店と協力してウィリアムズを市場に出すための方法を再開発しています。そのことには大きな自信があります」

「ウィリアムズは常に新しいパートナーを我々のスポーツやチームに引き付けるのに優れた仕事をしてきました。私はこれからもそうし続けことができると確信しています。これは素晴らしいブランドです。素晴らしいチームです。そして、我々は非常にエキサイティングな旅の途中にいます」

ROKiTとのタイトルスポンサー契約の終了を発表後、チームは公式サイトやソーシャルメディアのチーム名表記やロゴを『Williams Racing』に変更している。

関連:ウィリアムズF1、チーム売却の手続き開始を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ