ウィリアムズの2017年12月のF1情報を一覧表示します。

ランス・ストロール 「批判家に結果で応えることができたと思う」

2017年12月27日
F1 ランス・ストロール ウィリアムズF1
ランス・ストロールは、F1ルーキーシーズンで表彰台を含めて40ポイントを獲得。自分のデビューに批判的だった人々に結果で応えることができたと考えている。

ランス・ストロールは、ヨーロッパF3選手権でチャンピオンを獲得して、今年ウィリアムズでF1デビュー。しかし、彼のキャリアは彼の父親でカナダの大富豪であるローレンス・ストロールによる惜しげない資金によって切り開かれたことは秘密ではなく、“お金持ちのパパに買ってもらったシート”だと揶揄された。

トト・ヴォルフ 「私がウィリアムズにいたら将来有望な若手を起用する」

2017年12月26日
F1 ウィリアムズF1 トト・ヴォルフ
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、ウィリアムズは2018年のランス・ストロールのチームメイトに“大胆”に将来有望な若手を起用するるべきだとの持論を展開している。

ウィリアムズの2018年のシートはセルゲイ・シロトキンが最有力候補に挙げられており、ロバート・クビサ、ダニール・クビアト、ポール・ディ・レスタ、パスカル・ウェーレインといったドライバーが候補者に名を連ねている。

ウィリアムズ 「フェリペ・マッサも2018年の強力な候補者だった」

2017年12月25日
F1 ウィリアムズF1 フェリペ・マッサ
ウィリアムズの最高技術責任者を務めるパディ・ロウは、フェリペ・マッサがあまりに早い時期に2018年のF1シートについて決断を求めため、チームは彼にコミットすることができなかったと明かした。

2016年に一度F1引退を表明したフェリペ・マッサだが、バルテリ・ボッタスがメルセデスに移籍したことで引退を撤回してF1復帰。ランス・ストロールを上回る結果を残して残留を希望していたものの、母国グランプリであるF1ブラジルGP前に二度目のF1引退を発表した。

ロバート・クビサのバックにCVCキャピタル・パートナーズ

2017年12月20日
ロバート・クビサ F1 ウィリアムズF1
ロバート・クビサのウィリアムズでのF1復帰のために資金を提供するのはF1の元オーナー企業であるCVCキャピタル・パートナーズとF1ジャーナリストのジョー・サワードが自身のブログで解説している。

現在、2018年についての最大の疑問のひとつはウィリアムズに残された空席。セルゲイ・シロトキンで確定かと思われたが、一転してロバート・クビサがシート候補に再浮上。ウィリアムズは来年1月までドライバー決定を延期している。

ロバート・クビサ、ウィリアムズに“開幕7戦で8億円”のオファーとの報道

2017年12月20日
ロバート・クビサ ウィリアムズF1 F1
ロバート・クビサが、ウィリアムズに“開幕7戦で8億円”というオファーを提示し、2018年のドライバー候補に舞い戻ったと報じられている。

最近の報道では、1500万ドル(約17億円)のロシアマナーを持ち込むセルゲイ・シロトキンがウィリアムズのシートを獲得するとされ、重傷を乗り越えたロバート・クビサのF1復帰という感動的なストーリーを望む多くの人々に失望を与えた。

ロシアの大富豪、セルゲイ・シロトキンのシート獲得に自信

2017年12月18日
セルゲイ・シロトキン F1 ウィリアムズF1
ロシアの大富豪ボリス・ロマノヴィチ・ローテンベルクは、セルゲイ・シロトキンのために2018年のウィリアムズのF1シートを獲得することに懸命に取り組んでいると語る。

2018年のウィリアムズの最後のF1シートを巡っては高い推測の太陽となっており、ロシア人のセルゲイ・シロトキンとF1復帰を目指すロバート・クビサがシートを争っているとされている。

ランス・ストロール 「F1デビューシーズンとしてはかなり満足している」

2017年12月18日
ランス・ストロール F1 ウィリアムズF1
ランス・ストロールは、F1デビューシーズンは“厳しいスタート”になったが、全体的な内容には満足していると語る。

今年、18歳でウィリアムズからF1デビューを果たしたランス・ストロールのキャリアは、彼の父親でカナダの大富豪であるローレンス・ストロールによる惜しげない資金によって切り開かれたことは秘密ではない。

ウィリアムズ、2018年のF1ドライバー発表を1月まで延期へ

2017年12月16日
F1 ウィリアムズF1
ウィリアムズは、2018年のランス・ストロールのチームメイトの発表を来年1月まで延期することを発表した。

フェリペ・マッサが今シーズン限りで引退したことで、2018年にウィリアムズの2つ目のシートは空席となっている。今週、ロシアのメディアは15日(金)にウィリアムズがドライバーを発表すると報じていた。

フェリペ・マッサ 「ウィリアムズのシートは金で決まる」

2017年12月15日
ウィリアムズF1 F1
フェリペ・マッサは、ウィリアムズの2018年のドライバー選びは財政面が決め手になるだろうと明かした。

ウィリアムズでF1を戦ったフェリペ・マッサは、今シーズン限りでF1から引退。2018年のランス・ストロールのチームメイトの座は空席となっている。

当初はロバート・クビサが候補とされていたが、アブダビテスト後の評価により、セルゲイ・シロトキンが最有力候補に浮上している。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム