セルゲイ・シロトキン F1 ウィリアムズF1
ロシアの大富豪ボリス・ロマノヴィチ・ローテンベルクは、セルゲイ・シロトキンのために2018年のウィリアムズのF1シートを獲得することに懸命に取り組んでいると語る。

2018年のウィリアムズの最後のF1シートを巡っては高い推測の太陽となっており、ロシア人のセルゲイ・シロトキンとF1復帰を目指すロバート・クビサがシートを争っているとされている。

先週、ウィリアムズはロバート・クビサを構想から外し、セルゲイ・シロトキンとの契約を発表すると報じられたが、ウィリアムズは来年1月まで発表は行わないとしている。

報道では、SMP銀行のオーナーでロシアのウラジミール・プーチン大統領とボリス・ロマノヴィチ・ローテンベルクが、セルゲイ・シロトキンのシート獲得のためにウィリアムズに1500万ドル(約17億円)のスポンサーシップを約束しているとされている。

ボリス・ロマノヴィチ・ローテンベルクは、セルゲイ・シロトキンの契約を勝ち取るために懸命に取り組んでいるとロシアのメディアに語った。

「私は事前に話をするのは決して好きではない」とボリス・ロマノヴィチ・ローテンベルクはコメント。

「フットボールのようなものだ。言えるのは、次の試合に勝ちたいということだけだ」

「我々全員が期待しているし、すべてのことをやろうとしている。だが、それは我々次第というわけにはいかない。重要なことは、彼ら(ウィリアムズ)が我々を理解することだが、いずれにしろ、セルゲイはF1に行く価値がある」

「彼は競争に勝ったし、クビサよりも速く、ストロールのレベルにある。我々には今、彼wおクルマに乗せるチャンスがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルゲイ・シロトキン | ウィリアムズ