ウィリアムズの2014年01月のF1情報を一覧表示します。

ウィリアムズ、FW36をお披露目&初走行

2014年1月29日
ウィリアムズ FW36
ウィリアムズは、2014年F1マシン『FW36』で初走行を行った。

事前にFW36のイメージ画像を公開していたウィリアムズは、ヘレステスト初日の朝にFW36を発表する予定だったが準備が整わずに延期。午後になってバルテリ・ボッタスがステアリングを握り、初走行を完了した。

ウィリアムズ、マルティーニとタイトルスポンサー契約との報道

2014年1月27日
マルティーニ ウィリアムズ
マルティーニが、2014年のウィリアムズのタイトルスポンサーに就任すると報じられている。

イタリア発の情報によると、類製造会社のマルティーニがウィリアムズのタイトルスポンサーとしてF1に復帰するという。

マルティーニは、70年代にブラバムとロータスのスポンサーを務めており、より最近ではフェラーリとマイナーなスポンサーを務めていた。

ダニエル・ジュンカデラ 「ウィリアムズも選択肢のひとつだった」

2014年1月26日
ダニエル・ジュンカデラ
ダニエル・ジュンカデラは、ウィリアムズも2014年の選択肢のひとつだったと明かした。

カザフスタンの首都アスタナの支援を受けるダニエル・ジュンカデラは、2014年のフォース・インディアのリザーブドライバー就任。全レースに帯同し、金曜フリー走行にも複数回参加する予定となっている。

ダニエル・ジュンカデラは、2013年にウィリアムズでテストをしており、今季はその役割が拡大する見込みもあったとが「僕はもっと走りたかったし、リザーブになりたかった」と El Confidencial 述べた。

フェリペ・マッサとロブ・スメドレー、ウィリアムズでコンビ復活ならず

2014年1月23日
ロブ・スメドレー
ウィリアムズは、2014年にフェリペ・マッサを担当するエンジニアを発表。フェリペ・マッサとレースエンジニアのロブ・スメドレーの長期間の協力体制は解消された。

ウィリアムズは「アンドリュー・マードックが2014年のフェリペ・マッサのレース・エンジニアを務め、ジョナサン・エドールズがバルテリ・ボタスの担当を継続する」とチームの公式Twitterで発表した。

ウィリアムズ、FW36のイメージ画像を公開

2014年1月23日
ウィリアムズ FW36
ウィリアムズは、2014年F1マシン『FW36』のイメージ画像を公開した。

公開されたウィリアムズ FW36は、フロントノーズが事前に予想された“アリクイノーズ”を採用している。

今年からウィリアムズは、メルセデスのエンジンを搭載。すでに初点火を完了している。ドライバーは、フェリペ・マッサとバルテリ・ボッタスが務める。

ウィリアムズ FW36、バルテリ・ボッタスが初走行を担当

2014年1月20日
ウィリアムズ FW36
ウィリアムズは、FW36の初走行となるヘレステスト初日をバルテリ・ボッタスが担当することを明らかにした。

ウィリアムズは、ヘレステスト初日となる28日(火)からFW36を投入。バルテリ・ボッタスがテスト前半の2日間の走行を担当し、フェリペ・マッサが残りの2日間を担当することをTwitterで明かした。

フェリペ・マッサ、ウィリアムズでの作業を開始

2014年1月15日
フェリペ・マッサ
今年からウィリアムズに移籍したフェリペ・マッサがチームでの作業を開始。ウィリアムズの印象や作業について語った。

クリスマスはいかがでしたか?
素晴らしいクリスマスだったよ。家族と過ごせて嬉しかったし、ブラジルの自宅でクリスマスを過ごした。そのあと新年のためにマイアミに行ってとても楽しかったよ。

ウィリアムズ、FW36をヘレステスト初日から投入

2014年1月13日
ウィリアムズ FW36
ウィリアムズは、2014年F1マシン『FW36』を1月28日からスタートするヘレステストから投入することを明らかにした。

ウィリアムズはチームの公式Twitterで「グローブからおはようございます。FW36の組み立てウイークに入り、これから忙しくなります!」と投稿。

「2週間後のヘレスでトラックに出ます。今は全員が活動開始を楽しみにしています!」

ウィリアムズ 「2014年のF1レギュレーション変更は絶好のタイミング」

2014年1月7日
ウィリアムズ
ウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズは、2014年の大幅なF1レギュレーション変更は、ウィリアムズにとって絶好のタイミングだと考えている。

ウィリアムズは、パット・シモンズをチーフテクニカルオフィサーとして迎え、さらに今年からメルセデスへとエンジンを変更する。

2013年、ウィリアムズはわずか5ポイントの獲得でコンストラクターズ選手権を9位で終えたが、クレア・ウィリアムズは、新しい規約が劇的な改善をもたらし、上位に返り咲けると考えている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム